FC2ブログ

高校留学中のAちゃん の 学校の面接

春休みに入る前、1月から高校留学をしているAちゃんの学校で、教師と親の面接がありました

セカンダリー(高校)なので、担任制ではないため、教科毎の先生とアポを取り、面接を行います。

通常は、気になる教科を選び、数人の先生と面接を行いますが、今回、初めてだったこともあり、全教科の先生と面接をすることに

Aちゃんが取っているクラスは、英語、数学、ドラマ、アートです

英語の授業のみ、英語を母国語としない生徒が対象のクラスで、他は、全てローカルの生徒と一緒に授業を受けているAちゃん

学校での面接は、予想はしていましたが、全ての先生から、たくさんお褒めの言葉を頂きました

英語の授業のみ、留学生が対象とはいえ、通常の英語の単位がもらえるだけあって、やはりレベルが高いようで、少し厳しいことも言われましたが、それでもAちゃんの授業へ取り組む姿勢は褒めてもらえ、このままいけば、グレード11からは、ローカルの子が受ける英語の授業を受けることができると言われました

また、日本では数学が大嫌い~と言っていたAちゃん。

こちらの数学は、やはり日本人には、余裕なようで、先生も、素晴らしいわよ~

何の問題もないわと言って、あとは、親日家の先生らしく、日本に行ったときの話で盛り上がってしまいました

ドラマのクラスでは、今はスクリプトのある短い劇や、言葉を交わさないで、体で表現することをやっているそうですが、今後は、設定だけ与えられ、あとは生徒同士、アドリブで発表することが増えてくると言われました。

Aちゃんにとっては、苦手な教科かもしれませんが、英語を発するとても良い練習の場になるのではと思います

どの先生からも、授業に取り組む姿勢、課題は必ず期限内に提出すること、周りへの気配りやコミュニケーションなどを褒めてもらえました

我が子の面接でも、こんなに褒められればいいのですが

2019032110473683f.jpeg
アートの先生が見せてくれたAちゃんの課題

与えられた技法を使って、制作するそうで、提出した作品への説明文も、しっかり書かれていて、素晴らしいと褒めてもらえました

20190321104738038.jpeg
そんなAちゃんも、学校が春休みに入り、日本に一時帰国しました。

今回は日本に帰っても、すぐにカナダに戻ってこられるから嬉しい~と、ルンルンして帰国したAちゃんでした

お問い合わせ先
sonoko@maple-road.com

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

16歳Aちゃんの高校留学 2か月目 後編

3月になり、明日からサマータイムになります

今日の夜、寝る前に、時計の針を1時間、進めておく必要があります

さて、昨年の12月末にカナダに来て、1月からホームステイ&高校生活をスタートさせた16歳のAちゃんの、高校留学2か月目ブログの後編を紹介させていただきたいと思います

          
私は前にも言った通り、二つのクラブに入っています。

インターナショナルクラブと、リーダーシップクラブです。

二学期からはどちらも活動が盛んになりました。

リーダーシップでは様々な行事のお手伝いをしています。

特に今週は盛りだくさんな週でした。

gratitude wall, pink shirt day, outsider dayなどです。

私はできるだけ全てに関わりたいなと思い参加しました。

特にgratitude wall では、リーダーになりました。

付箋にいいことや好きなこと、ステキな詩などを書いてオフィスの窓に貼り、それを生徒がとって各自のロッカーに貼るという行事です。

付箋は50種類以上つくならないといけなくて大変でしたが、その分いろんな先生に良かったよなどと言われ参加して良かったなと思いました。

またpink shirt dayではいじめをなくそうということをみんなに伝えるために活動をしました。

リーダーシップでは毎週メンバーの誰かがリーダーとなり、ゲームなどを紹介して楽しみます。

私は日本のハンカチ落としや、大根抜きなどのゲームを紹介しみんな盛り上がっていました。

学校生活はもう慣れて毎日楽しく生活しています。

そしてホストファミリーとも楽しく生活しています。

先週は泊りがけでスキー旅行に行ったり、スケートをしたり、ひよこを見に行ったりとたくさんのところに連れて行ってもらっています。

ホストマザーは私とすることリストというものを作ってくれて毎週末出かけることに決めてくれました。

今週末はfly over Canadaと、バンクーバー市内に行きます。

ホストシスターJは、私より二つ年下だけど毎日一緒に登下校し、遊んだり、宿題をしています。

昨日、車の中でまたホストマザーが「愛莉が来てくれて本当に嬉しいし、もう家族みたいに思ってる。もし愛莉が日本に帰ったり、違う国に行ったりしたとしてもずっと家族みたいに過ごしたいと思う」と言ってもらえてとても嬉しかったです。

改めてこの家族と過ごせて良かったなと思いました。

一時帰国の春休みまでもあと3週間です。

時間を上手く使い頑張りたいです。
          
201903101400540c0.jpeg
ファミリーと友達家族との、お泊り旅行

2019031014005536d.jpeg
バンクーバー ダウンタウンにあるFly Over Canada

201903101426180a6.jpeg
リーダーシップクラブでの、あいりちゃんの活躍が、フェイスブックやインスタグラムで紹介され、教育委員会の担当の方が、わざわざ、連絡をくれました

学校生活が始まって、まだそんなに経っていないのに、積極的に活動している姿勢を褒めてくれました

お問い合わせ先
sonoko@maple-road.com

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

16歳Aちゃんの高校留学 2か月目 前編

昨年の12月末にカナダに来て、1月からホームステイ&高校生活をスタートさせた16歳のAちゃん

以前、カナダに来て1か月の感想文をブログで紹介させてもらってから、あっという間にまた、1か月が経ちました

前回の感想文はこちらから

2回目の感想文を書いてもらうのは、もう少ししてからと思っていたのですが、この1か月も、とても充実していて、変化も多そうだったので、2か月目の感想文をお願いしました

またまた素敵な感想文、2回に分けて、さっそく紹介させていただきます

         
カナダに来て二ヶ月がたちました。

一ヶ月目もすごく早かったけど、二ヶ月目はもっと早かったです。

セカンドセメスターももう始まってから一ヶ月くらいがたちました。

最初スケジュールを渡されたときにアートがあり、苦手だなと思っていたのですが今では英語の次に好きな科目です。

毎週ニ作品提出します。

一つは先生から習ったもので作品を作り、もう一つは自由作品です。

1週間でニ作品はすごく大変だけど楽しいです。

英語の授業では私が苦手なライティングを重要視している先生なので克服できたらいいなと思い、頑張っています。

私はカナダに来てから自分の英語がまだまだだなと改めて感じ、また伸びた実感があまりなかったので悩んでいたら英語の先生が「あなたの英語は私が予想していたよりもあなた自身が思っているよりも上手だ」と言ってもらい嬉しかったです。

日々の宿題がとても多くかなり大変ですが私の一番好きな科目です。

数学は日本で苦手だったのでだいぶ心配でしたが内容がとてもとても簡単です。

でも毎日テストがありカナダでは毎日の小テストや提出物が日本でいう期末テストのように扱われるので復習が必要な科目です。

あともう一つとっている科目はドラマです。

ドラマでは無言で演じたり、表情を大げさにするなど面白い授業がたくさんあります。
         
20190305075632f15.jpeg

20190305075630f5a.jpeg

English以外は、ローカルの生徒と一緒のクラスを受けているAちゃん

Englishも、単位として認められるELLクラスなので、ついていくのは簡単ではないはずですが、Englishが一番好きだそうです

1週間に1回、チューターもつけて、頑張っています

感想文の後半は、Aちゃんの学校でのクラブ活動と、ステイ先でのことを書いてくれました

お問い合わせ先
sonoko@maple-road.com

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

16歳Aちゃんの高校留学 最初の1か月

昨年の12月末にカナダに来て、1月からホームステイ&高校生活をスタートさせた16歳のAちゃん

前回のAちゃんのブログはこちらから

小学4年生の時から、カナダへの短期留学をはじめ、高校留学を前に、10回以上 カナダでホームステイ経験があったAちゃん

カナダに来るたびに、英語力、コミュニケーション力、そして、人としての成長を、いつも見せてくれ、そんなAちゃんからは、カナダが大好き英語が大好きそして、カナダに住みたいという情熱が溢れ出ていました

そんなAちゃんが、念願の長期留学をスタートして、最初の1か月の感想文を書いてくれたので、紹介させていただきます

          
カナダに来て一ヶ月経ちました!

最初は、時間がたっぷりあると思っていたけれど本当に一瞬で一ヶ月経ちもうセカンドセメスターが始まっています。

最初の、3週間でたくさん友達もでき二つのクラブにも入りました!

リーダーシップクラブとインターナショナルクラブです。

リーダーシップクラブではボランティアや学校の行事などのプログラムを計画します。

私たちが決めたことが行事になるのでとても楽しいし、達成感があります。

また、インターナショナルクラブでは新しい生徒のお手伝いや学校ツアーをしたり、英語をもっと学びたい私たち留学生と、海外に興味があるカナダ人と交流するためにゲームなどをします。

どちらのクラブでもとてもたくさんの友達ができました。

クラブ活動に積極的に入ることで友達の輪だけでなく先生との交流も深まったので、入ってよかったです。

でもこの一ヶ月で、他国の留学生とうまく仲良くなれなかったり、来たばかりで授業も受けていないのにテストを受けないといけなかったりと大変なこともたくさんありました。

その中で私が学んだことは、最初嫌だなだと思ったことでもとにかく周りのことなどを置いといて、一度参加してみるということです。

そうすると、自分が思っていたような場所ではなかったり友達ができたりなど何か一つは学ぶことがあります。

なのでこれからも自分から積極的に何かに参加しようと思いました。

私はとてもホストファミリーや友達にも恵まれています。

ホストファミリーは、三年前からのお友達の家にステイしています。

三年前からの友達とは言え、訪ねるのと、住むのでは大きな違いがあります。

でも私のホストファミリーはとても優しく、大好きです。

特に、私は14歳のホストシスターJがいるのですが、家族みんなが、Jと同じように接してくれます。

しっかり怒ってくれるし、わたしに様々なものを任せてくれます。

だから私もホストファミリーに対して気を使わないでいいし、すごく過ごしやすいです。

毎週水曜日はおばあちゃんの家に晩御飯を食べに行くのですが、おばあちゃんおじいちゃんも私にすごくフレンドリーに接してくれ、今では毎週水曜日が待ち遠しいくらい仲がいいです。

今週の月曜日からはセカンドセメスターが始まりました。

セカンドセメスターになるとクラスも全て変わるのでクラスメイトも殆どが知らない人になります。

私の場合ほぼカナディアンのクラスなのでどうやって友達をつくろうととても不安でしたが行ってみると、みんなすごくフレンドリーですぐに友達ができました!

私はグレード10の授業なのですがカナダではグレード11.12などの生徒がグレード10の授業を受けることも可能なので、縦のつながりも増えました。

カナダでの生活は慣れないことばかりで大変なこともたくさんありますが、もう日本に帰りたくない気持ちがあるくらい充実していて楽しく毎日を過ごしています。

充実しすぎてるからこそ時間があっという間に過ぎてしまいます。

私はカナダに来るのがずっと夢で、行きたいと思ってからすごく長い時間がかかりました。

だからこの貴重な経験を無駄にしたくないし、留学は、誰もができるような経験ではないので帰国した時に周りの人に成長を気づいてもらえるくらい毎日何か一つ以上は学び、自分を最大限に伸ばすことを目標にこの留学を頑張ります。
          

20190201060742673.jpeg
ホストファミリーと

ホストシスターは乗馬を習っているので、Aちゃんも、馬との触れ合いが多いはず

201902010607412f9.jpeg
ホストファミリーと、ズンバやヨガなどのフィットネスクラスに行っています

20190201060739e9c.jpeg
ホストシスターのバースデーパーティー & 日本からの荷物の受け取り中

2月からセカンドセメスター(2学期)が始まったAちゃん。

こちらの学校では、みんなが同じ教科を取るのではなく、選択科目となります。

留学生の場合は、英語のレベルチェックを受けて、ESLのクラスを取りながら、通常の科目も受けるのですが、Aちゃんはレベルチェックテストの結果が良かったので、Englishのみ、ELLクラスで、他は通常の科目を取得できることになりました

Englishも、単位として認められるELLクラスなので、最初からできるだけ、単位を多くとれるよう、留学担当の先生とも相談しながらクラスを決めたそうです

長期留学スタートの段階で、これだけカナダの生活に馴染んでいるAちゃんには、留学担当の先生もびっくりしていました

お問い合わせ先
sonoko@maple-road.com

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

16歳のAちゃん 高校留学

カナダが大好きで、既に10回以上 カナダに短期留学に来ている16歳のAちゃん

以前のAちゃんのブログはこちらから

ずっと、カナダの高校に留学したいと言っていたAちゃんですが、長年の夢を叶えて、この1月から留学生活をスタートさせました

201901131305435ea.jpeg
ホームステイファミリーが迎えに来てくれるまで、我が家の子供達と モノポリーで遊んでくれました

いつもステイしているファミリーは、他の学生さんがいるためステイできなかったので、今回、そのファミリーのお友達ファミリーが、ホストファミリーになってくれました

Aちゃんもよく知っているファミリーで、ホストシスターとは、既にお友達です

ホームステイ最初の夜は、Aちゃんの大好きなハンバーガーとマッシュポテトのディナーを作ってくれたそうです

20190113130540b77.jpeg
冬休み中に、ホストシスターのお友達とも仲良くなりました

20190113130541e1b.jpeg
上の写真は、学校の留学担当の先生と

学校からのテストを受けて、どのクラスを取るか決めるのですが、テストの結果がよく、2月から、ほとんど、通常の学生と同じクラスを取れることになりました

右の写真はAちゃんのロッカーの前で

左下の写真は、ホストファミリーとヨガに行った時の写真です

Aちゃんの、長年の夢だった高校留学

ぜひ楽しく充実した生活を過ごしてもらえたらと思います

お問い合わせ先
sonoko@maple-road.com

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック