FC2ブログ

高校留学中のNちゃんからの体験談 後編

現在、高校留学中のNちゃんが、留学中の体験談を送ってくれたので、紹介させていただきます

前回のブログの続きです


ホストファミリーは温かくてとってもいい方達で、私はこのファミリーが大好きです。

休日はバンクーバー市内にドライブに行ったり、みんなで映画をみたりしています。

たくさん映画やドラマをみたおかげで、字幕なしでも観られるようになったし、日常のリスニングも上達しました。

ホストシスターと、一緒に住んでいるインド人の人と特に仲が良くて、3人でショッピングに行くのが楽しいです。

平日は私がオーケストラや課題で忙しくてファミリーとあまり一緒にいないけど、休日や長期休みに一緒にいるとリラックスできて本当の家族みたいに感じられます。

カナダに来てから一度もホームシックになっていないのも、私がこのファミリーが大好きだからだと思います。

またファミリーみんな音楽が好きで、いつでもヴァイオリンの練習をさせてくれるのがとてもありがたいです。

私の誕生日の時には日本食レストランに連れて行ってくれて、そのあとカラオケもして楽しかったです。

もう少し気候が暖かくなったら、私は乗馬を日本でよくやっていたので、乗馬や他にもいろいろなところに行きたいです。

コロナの規制が緩和されたので、学校の友達と何度か遊びに行ったりピクニックにも行きました。

カナダの人たちはみんなフレンドリーで、カナダに来てからすぐにたくさんの友達ができました。

韓国人の友達も多いので、韓国語を教えてもらったり、逆に私が日本語を教えたりもしています。

みんな優しくて、日本に帰りたくないと思うぐらい、私の周りの人はいい人ばかりで出会えてよかったです。

日本に帰るまで友達とたくさん思い出を作りたいです。

このコロナ禍で留学に来れたのは幸運なことだと思うし、学校の先生や友達、ホストファミリーや周りの人たちがみんな私をサポートしてくれていることに本当に感謝しています。

残りの留学期間も積極的にいろいろなことにチャレンジして、悔いのない留学経験ができるように頑張りたいです。

CCABE23D-7296-49A5-8511-108F87F9F1DD.jpeg
ホストシスターと、インドからの大学院生の留学生と

B0EC8F2B-5C03-4B28-9D2C-EE072075BFB6.jpeg
Nちゃんの誕生日をホストファミリーがお祝いしてくれた時の写真です

どちらかというと、普段、控えめなNちゃんは、自分からグイグイいくタイプではないと思っていたのですが、自分が苦手意識のある、バイオリンを教えたり、ピアノの伴奏を買って出るなど、今回の感想文から、多くのことにチャレンジしている様子が伝わりました

英語で、"コンファートゾーンを出る"という表現があります。

自分が安心して活動できる範囲を出て、やったことのないことに挑戦してみるときなどに使う言葉です

普段やっていることよりも、レベルが高いことに挑戦するので、当然、緊張感や不安を感じたりします

それでも、それをやり続けることによって、自分の "comfort zone" を広げることができます

留学生活の前半は、言葉や文化の違いに戸惑い、まずは、ここでの生活に慣れることを重視し、なかなか"comfort zone" を自ら広げることは難しいのですが、Nちゃんは、いろいろなことに挑戦することを既に、楽しんでいるように感じます

後半の留学生活も、この調子で、楽しく充実した生活を送ってもらえたらと思います

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロード フェイスブックページはこちらから

メイプルロード インスタグラムはこちらから
スポンサーサイト



テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

高校留学中のNちゃんからの体験談 中編

現在、高校留学中のNちゃんが、留学中の体験談を送ってくれたので、紹介させていただきます

前回のブログの続きです


1学期には選択科目でFilm10をとっていて、ミュージックビデオを自分たちで作成しました。

4人ずつグループを組んで、自分たちで選曲、演出、撮影、編集全てやったので大変だった分、とても思い出に残りました。

パソコンやカメラ、マイクなどの設備も、公立学校とは思えないぐらい充実していて驚きました。

4月ぐらいからはMusical theatre という歌やダンスがメインの科目が始まるので楽しみです。

Musicのクラスではグループに分かれて練習をしていて、私のグループはヴィヴァルディの「四季」に取り組んでいます。

私はヴァイオリンのソロパートを弾いています。

この前、Grade10全員の前でパフォーマンスする機会があり、演奏の後にたくさんの人から、すごかった、楽しかったって声をかけてもらえて嬉しかったです。

大勢の前で演奏するのは久しぶりだったので、人を楽しませる演奏ができて嬉しかったし、貴重な経験になりました。

学校ではjunior orchestra, senior orchestra, choir に参加しています。

junior orchestra ではヴァイオリンパートを教えたり初心者の子を教えたりしています。

私は誰かに何かを教えることが得意じゃなくて、さらに英語だから言いたいことがなかなか伝えられなくて、最初は教えることが少し怖かったです。

でもみんな私の英語を理解しようと聞いてくれて、言葉がつっかえても助けてくれるので、だんだんと教える事も楽しめるようになりました。

Senior orchestra では、Beethoven Symphony No.5, Tchaikovsky piano concerto など有名なオーケストラの曲を練習していて、大勢で一緒に演奏して音楽を作るのはとっても楽しくて大好きです。

senior orchestra にはGrade11,12 の人もいるので、grade11の友達もたくさんできました。

オーケストラの練習の日は、私の学年は登校日じゃないから同学年の友達はいないけど、grade11の友達と練習の前後や空き時間におしゃべりしたり、アンサンブルをしたりもしていて楽しんでいます。

カナダでの生活も慣れてきたし、自分ができそうなことは可能な限りたくさん挑戦したいと思ったので、2学期からgrade8 のmusic major を週に1回教えに行ったり、grade6,7 のchoir のピアノ伴奏をしたりもしています。

また、choirの先生が、英語以外の言語の歌をやりたいと言っていたので、私は「花は咲く」を提案してみました。今年は東日本大震災から10年で、日本人として震災の経験を伝えられたら良いなと思い先生に提案してみたら、春休み明けから練習を始めることになりました。

東日本大震災についてスピーチする時間も設けてくれるそうなので、私の経験や被災地について伝えられたらなと思います。

ミュージックスクールではヴァイオリンの個人レッスンと、オーケストラに参加しています。

レッスンの先生は面白くてとても良い先生で、1時間のレッスンで先生と2重奏や、たくさんの曲をやるので2時間ぐらいの量のレッスンを受けている感じです。

2月にあったフェスティバルでは自分なりに良い演奏ができたし、賞も取れたのでよかったです。

zoom で他の人の演奏を聞いたり、審査員の人からのメッセージでアドバイスをもらえて勉強になりました。

今は私の大好きなハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲やバッハのシャコンヌを勉強していて、新しいテクニックもたくさん教えてもらっているので毎週レッスンが楽しみです。

ミュージックスクールのオーケストラもレベルが高くて弾いていて本当に楽しいです。

DE5593CB-6901-4FCB-AD92-910AE8897CC6.jpeg
学校のお友達とピクニック

以前のブログでも書きましたが、コロナの規制が少しだけ緩み、屋外でなら、10人までの集まりがOKになりました

BD0F047E-18AA-4919-B35A-6A4F924A4B2B.jpeg
グレード11の学校の友達と、セッションをしたそうです

動画を送ってくれたのですが、とても素敵な演奏でした

Nちゃんの学校や、ミュージックスクールでの頑張りが、とても伝わってくる内容の体験談

中学生の時、短期留学でカナダに来てくれた時も、今回もそうですが、Nちゃんは、いつも得意なバイオリンを活かして、交友関係を広げ、留学生活を充実させています

Nちゃんからの体験談は、次回に続きます

お楽しみに

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロード フェイスブックページはこちらから

メイプルロード インスタグラムはこちらから

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

高校留学中のNちゃんからの体験談 前編

現在、高校留学中のNちゃんが、留学中の体験談を送ってくれたので、紹介させていただきます

Nちゃんの前回の体験談はこちらから

本来は、9月から留学予定でしたが、コロナの影響で、少し遅れて、10月末にカナダに入国し、11月中旬から学校に通い始めたNちゃん。

留学も折り返し地点を過ぎているNちゃんですが、とても充実していて、素晴らしい留学生活を送っている様子がとても伝わる体験談です

        
カナダに来てからもう5ヶ月経ち、帰国まであと半年もなくなりました。

この5ヶ月は本当にあっという間で、コロナ禍で規制は多いけれど、貴重な経験をたくさんしています。

2月から学校の2学期が始まり、今の学期ではEnglish10 world literature, science10, career life education, social studies10, music の授業をとっています。

1学期はEnglishのクラスだけELLで、英語が母国語じゃない生徒向けのクラスだったけど、今は全科目現地の子と同じクラスを受けています。

なので、前よりも英語で発言したり意見交換する機会が増えて、苦手だった英作文も上達してきました。

Scienceでは生物を勉強していますが、私は日本の高校の生物を一度も勉強したことがなくて、最初は理解するのが大変でした。

授業は、最初にスライドやビデオが流されてプリントの空欄を埋めて、その後2、3人のグループで問題を解いたりプロジェクトの課題をすることが多いです。

正直、授業の中では分からない単語が多すぎて内容を理解できてないけど、グループワークの時に友達がわからないところを教えてくれたり、家に帰ってから自分で内容整理したりして、なんとか頑張ってます。

テキストに書いてある専門用語や単語をインターネットで和訳しようとしても、そもそも生物を勉強したことがないから、和訳された言葉もわからなかったので、英語で覚えるようになりました。

日本の授業は板書がメインな感じがするけど、カナダではプロジェクトの課題が頻繁にあって楽しく勉強できるので、私はカナダの授業のスタイルが好きだなと感じました。

この前は inheritanceについて勉強していたので、Alien Project という自分で遺伝子や特徴を考えてエイリアンを作る課題が出ました。

芸術系の学校だからなのかはわからないけど、どの教科でも絵を描かないといけないことが多くて、私は絵描くのあまり好きじゃないから少し面倒だなと思うこともあります(笑)

でも友達の作品を見るとどれも独創的で、小さい時からずっとこういう課題をしていたら創造力豊かになるのかなと思いました。
        

2EF6725E-D6B9-46BF-A638-5E173C0769DA.jpeg

7E962736-35DC-4D99-8E15-BAA1333527A2.jpeg
写真は、Nちゃんが送ってくれた、学校の様子です

Nちゃんからの体験談は、次回に続きます

お楽しみに

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロード フェイスブックページはこちらから

メイプルロード インスタグラムはこちらから

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

高校留学中のNちゃん と 我が家の次男 バイオリンコンクール

今週は、次男の通うミュージックスクールで、毎年恒例の、コンクールが行われています

バイオリンだけでなく、ピアノ、声楽、チェロ、木管楽器など、それぞれのカテゴリーに分かれています。

現在、高校留学中のNちゃんも、エントリーしました

975638FE-8C5F-46FC-9285-2CEB17D96380.jpeg
高校1年生のNちゃんは、一番上のレベルのシニアグループです

通常は、付き添いの人は、一緒に部屋に入って聞くことができますが、平日の日中なので、あまり親が付き添うこともできません。

でも、今年はコロナなので、生徒以外は入室ができず、その代わりに、ズームで、演奏を聴くことができました

普段、コンクールでの、写真・ビデオ撮影はできないので、ズームでみんなの演奏を聴くことができて、いつもより充実していました

D0E82493-DE73-40FF-B304-7C20DF74A289.jpeg
こちらは我が家の次男です

4年生(日本では3年生)で、下から2番目のジュニアクラスへの参加です

結果は数週間以内に発表される予定です

ズームでの演奏を動画で撮ったので、かなり音質が悪いですが、インスタとフェイスブックに動画をアップします

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロード フェイスブックページはこちらから

メイプルロード インスタグラムはこちらから

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

高校留学の生徒さんのサポート

この1月から、アメリカにある現地留学会社からの依頼で、私が住んでいる、隣に市に通う、日本の高校生のサポートをさせて頂くことになりました

コロナの影響で、留学生の数は激減していますが、カナダは、半年以上であれば、留学生のビザが出ているので、留学が可能です

1月中旬にカナダに到着し、2週間の隔離生活をホテルで行った高校生たち。

FB307A57-D209-483B-94B0-5B7E0859262E.jpeg
今週から、やっと学校にも通い始め、ホストファミリー宅での生活が始まると思った矢先、ホストシスターが通うクラスで、コロナ感染者が出たため、ホストシスターも濃厚接触者として、2週間、様子を見る必要が出ました

そのため、もう一人のファミリー宅での仮ステイが急遽決まり、本当のファミリー宅に移ることができるのは、またお預けになってしまったKちゃん

コロナ禍で、今までにはなかった生活スタイルでの留学となりますが、このような状況下の中でも、学んで経験できることはたくさんあるので、充実した留学生活を過ごしてもらえたらと思います

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロード フェイスブックページはこちらから

メイプルロード インスタグラムはこちらから

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Blevings そのこ

Author:Blevings そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント