5歳と8歳のW Sちゃん 親子留学 感想文 後編

前回のブログの続きで、12月に我が家で約3週間のホームステイに来てくれたSさんファミリー お母さまからの感想文 後編です

              
乗馬体験では想像以上のアレンジメントで、馬の手入れの仕方まで教えていただき、貴重な体験をさせていただきました!

初めて経験したアイスホッケーでは、夢中になって滑り続けて、大人がバテるまで滑ってましたね・・(笑)

娘達の一番の希望だったサンタに会いたい!ですが、結局、3回程会わせていただきましたね♩

日本ではあり得ない”サンタとパンケーキを食べる”という面白いイベントまで探してきてくださり、ここまでしてくれるの?いいんですか?と恐縮してしまう程。

常に最前を尽くしていて、滞在中、最後の最後までアレンジし続けてくださいましたね。

他にもキャピラノ、ダウンタウン、みんなで作ったジンジャーブレッドハウス、映画館、図書館、Go banana、ショッピングモールでのお買い物、それから、もちろんウィンタースクールも!あげたらキリがありません。

また今回娘のライティングを強化したいと相談したところ、クリスさんのプライベートレッスンをすぐにアレンジしていただき、滞在初日から綴っていたジャーナルを見ていただき、クリスさんの適切なアドバイスでレッスン毎にライティングが良くなっていくのが見てとれました。

スミカが素直にライティングに取り組めたのも、クリスさんのユーモアと優しい眼差しのお陰です。

毎日、朝から寝るまで、ヒロ君、カイカイ、スミカ、ソノカでたくさん遊んで、こんなに幸せなことはなかったと思います。

その後、我が家にレゴとPaw patrolは大ブームがきたことは言うまでもありません。

娘達は、口癖のようにヒロ君、カイカイは何してるかなー。と話しています。

クリスマスシーズンということで、家族の時間を過ごすことが多い中、私達家族にも同様に接していただき、クリスさんの実家にもお招きいただきディナーをしたこと、感謝してもしきれません。

日本とは違う常識の中で過ごす中で、娘達のマナー面で考えさせられる事が多くありました。

その度に、キチンと教えていただき、私自身が勉強させていただきました。

常に自然体のBlevings家の生活、子育てがあまりにも素敵で、今回お世話になれたことを心から感謝しております。

本当にありがとうございました!
              
IMG_4300_convert_20151225081048.jpg
キャピラノ吊り橋で見つけたサンタさんのソリ

DSC01350_convert_20151225080742.jpg
ガスタウンの蒸気時計

3週間のホームステイで、とっても仲良くなった、4人のバイリンガルキッズたち

お忙しい中、素敵過ぎる感想文を送っていただき、ありがとうございました

私のほうこそ、お母さまのSさんから見習うことも多く、特に日本でのバイリンガル教育の話はとても興味深く、参考にさせてもらうことが盛りだくさんでした

私たち家族にとっても、とても素敵な3週間となりました

また会えることを、楽しみにしています

3月13日、名古屋で留学説明会を行います☆

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

5歳と8歳のW Sちゃん 親子留学 感想文 前編

12月に我が家で約3週間のホームステイに来てくれたSさんファミリー

Sさんファミリーの以前のブログはこちらから

お母さまから、素敵な感想文を頂いたので、紹介させていただきます

             
早いもので、カナダから帰国して早2ヶ月が経ちました。

小学2年生と年長児を連れてのカナダ行き、ずっと夢だった親子留学を実現させようと、調べ尽くしてたどり着いたのが、そのこさんのブログでした。

他にも候補はありましたが、決め手となったのはブログから伝わるそのこさんのお人柄!それにつきます。

子供がお世話になる上で、私自身が心から信用出来る人にお願いしたいというのは譲れないポイントでした。

出発直前にステイ先の変更などありましたが、それまでのやり取りからそのこさんの誠実さが伝わってきておりました♩

そのこさんのアレンジに間違いはないと確信していたので、何の不安も無く私達のカナダ行きが始まりました✈

アレンジ面でも、サンタに会いたい♡馬に乗りたい♩絶対にアイスホッケーをやりたい!!!という娘達の無理難題を見事にアレンジしてくださって本当にありがとうございました。

大手旅行会社では絶対に実現しなかった経験の数々です。

サンタに会いたい!と言ったクライアントは我が家が初ではないでしょうか(笑)

カナダの空港でそのこさんにお会いした時に「こんにちは〜♩」と笑顔で迎えてくださり、会った瞬間にやっぱりこの方に頼んで間違いなかったと確信しました。

3週間の滞在の中で、私の時差ぼけにつき合ってくださり、夜中までワイントークをしたことはいい思い出です〜。

翌日は体調最悪でしたね(笑)

毎晩、食事の時にいただくクリスさんお手製のワインが最高に美味しくて今でも忘れられません〜。

ヒロ君、カイカイと一緒に行ったサイエンスワールドでは、サイエンスショーに出たくて、手をあげてステージに上がってましたね。

こんなに積極的に参加出来たものヒロ君とカイカイが側に居てくれたからです。

今回の滞在で積極的になった事が何よりの収穫です。
             
Sさんファミリーから頂いた素敵な感想文、後編に続きます

IMG_4051_convert_20151215132656.jpg
サンタクロースと一緒にパンケーキを食べに行ったイベントで

IMG_4085_convert_20151223132304.jpg
子供たちが1日楽しめた、サイエンスワールドで

3月13日、名古屋で留学説明会を行います☆

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

年長さん Jくんのお母さまからの 親子留学体験談

昨年10月に、年長さんのJくんが、約1週間の親子留学に来てくれました

その際の、体験談とお写真をお母さまから頂いたので、紹介させていただきます

             

真っ赤に染まったメープルで鮮やかなバンクーバーと、毎晩追いかけっこを楽しんだラングレーでのホームステイ体験記です☆

5歳の息子に「日本人や日本語ではない広い世界が拡がっている!」のだと知ってほしい気持ちでバンクーバー空港に着きました。

そのこさんに案内されたホストファミリーの家は美しいの一言に尽きる、とても二人のやんちゃ盛りの男の子がいる家庭とは思えない手入れの行き届いた空間! 

家族以外に更に中国から二人の女子留学生と一人の男子学生、地下には別家族が住んでいるというから驚きです。

英語は全くしゃべらないJに対して「言葉じゃなくて大事なのは気持ちだよ!」とカッコイイ優しさ全開のホストブラザー(兄)と、イタズラな瞳がキラリと光るホストブラザー(弟)と一緒に庭のトランポリンで飛び跳ねまわったりでグッと距離が縮まる一日となりました♪

日曜はゴンドラに揺られてグリズリーベアを間近で見られるGrouse Mountain、そして長~いつり橋のCapilano Suspension Bridge Parkへ。

月曜はGranville Islandでお買いもの&お散歩、かわいいSea-bus観光船にも乗れて現地に少しなじんだ気分に。

火曜はGreater Vancouver Zooでのびのび過ごすラクダ、クマ、チーターなどをたっぷり散策しながら楽しみ、午後は小学校と大学にそれぞれ子供たちと留学生を車でピックアップした後にご近所のNational Trail散歩道で野生のウサギの写真をバシバシと撮影。

水曜はまたVancouver市街へ行き、野生のリスやアライグマが走るStanley Parkにある水族館へ。

2011年の津波で遥かバンクーバー沖まで流れ着いた東北の漂流物の展示もあり、高校野球のサイン入りボールなどは思い出の品として日本に送り返したという説明もありました。

そして科学大好きな私には堪らない魅力ぎっしりなScience World!

脳波測定や「老いた顔予測」など最低4時間はいたかったなぁ~。

毎日の出来事をディナー時にファミリーと共有して、そして「早く寝なさい!」と怒られるまでホストブラザーと遊びまわって、とても充実♪

木曜はカナダで最初の貿易拠点であった歴史が分かるFort Langley Historical Siteで当時の原住民の毛皮売買なども学んだ後、Google MapでTrial(散歩道)を見つけたのでバスでなく歩いて帰ることに。

子供たちから「お化けみたいな顔~!」と叫ばれながら夜はホストマザーと中国留学生たちと歌舞伎柄のフェイスマスクをつけて全員で大爆笑。

子供に手作り教材で楽しく学ぶ環境を整えたり、毎日を美しく機能的に過ごすハウスキーピング術、留学生の進路相談に真剣に応じる愛情あふれるママがいて君たちは最高に幸せなんだよ、とホストブラザーに伝えて、そしてJはトランポリンが楽しかったと伝えて土曜お昼に皆とお別れ。

この1週間の経験がお互いに視野が広がるきっかけになったなら嬉しいな、と思っていたら帰国後は世界地図に興味を持ったJ。

言語ではなく地理、そこから発展して国旗にも好奇心が向いています♪

この好奇心の種を提供くださった、そのこさんに感謝です☆

20151018_convert_20160117034831.jpg
ホストブラザーと一緒にクッキーのハロウィーンの家を作成中

20151018_convert_20160117034937.jpg
毎晩ディナー後には大ぶりデザートがあるけれど、デザート慣れしていないJは満腹で食べきれず悔し泣き…。

20151018_convert_20160117035011.jpg
ホストファミリー宅でトランポリン

20151024_convert_20160117035044.jpg
ハロウィンイベントで農場へ

ヤギ、ヒツジ、ロバ…みんな餌を見るやすごい勢いで突進してきて大騒ぎです

カボチャ畑でお土産カボチャを選びます

201510221_convert_20160117035107.jpg
ホストブラザーとフーズボール

             
日本では外資系の会社で働かれているお母さま。

英語は堪能で、1週間のフリープランは、ご自分で考えられた観光ルートで、サクサクと公共交通機関を利用して充実した1週間を過ごされていました

Jくんも、1週間の滞在で、ホストブラザーたちと仲良くなって、日本に帰国の日、ホストファミリー宅にお迎えに行くと、まだ、帰りたくない~と言っていました

お忙しい中、お仕事の休憩中に書いてくれたという素敵な体験談

本当にありがとうございました

また、お会いできることを楽しみにしています

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

家族留学 Tさんファミリーからの感想文

あっという間に10月になり、今週末、カナダはアメリカより一足早く、サンクスギビングで3連休です

約1年間の家族留学を終えて、7月に帰国されたTさんファミリーから、とても素敵な感想文を送っていただいたので、ご紹介させていただきます

               
英会話教室にも通わせていなかった娘を突然海外留学の経験をさせようと決めたのが出発の4ヶ月前。

そこからハイスピードで全てのアレンジを進め、実現できたのはコーディネートをして下さるそのこさんがいらしたからだと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

学校だけでなく、1年生活するとなると細かい様々な準備が必要でしたが全ていつでもお手伝い頂いたり、相談に乗ってもらえたりする環境があったことで私たちの1年の滞在は成り立ちました!

私たちだけでは全く実現不可能であったとしみじみと思います。本当にありがとうございました。

娘は小学3年の一学期を終えてカナダに渡りましたが、いろいろな意味で大変いいタイミングだったと思います。

既に日本で学校生活というものに慣れていたこと、日本の学校の勉強を一年間休んでもなんとかキャッチアップできるギリギリの低年齢、英語の音にまだ純粋であること、そしてしっかりと記憶に残る年齢であること等。

学校も少人数の私立を選んで下さったことで先生やお友だちと深くかかわることができました。

学校のほとんどの親や子どもを覚えてしまえるくらい家庭的で温かい雰囲気でした。

またカナダというお国柄のせいか、学校にもいろいろな国籍の子どもたちがいたことも良かったです。

さらに日本人、日本に近い東アジアの子どももクラスに居なかったことも貴重な体験だったと思います。

その分最初は大変だったようで『初めのうちは妖精の言葉を聞いているようだった』

『分からないこと、聞きたいことは沢山あるのに何て聞いていいやら全く分からなかった』と後になって笑って教えてくれました。

『英語の音が好きで聞いているのが楽しかった』とも言っておりました。

クラスで一人の時間も多く、寂しい思いをしているんじゃないかと心配ばかりしていましたが、子どもはいろいろな楽しみ方を知っているのですね。

また娘はじっくりと考えるタイプなので1年かけてカナダに滞在できたことは本当に良かったです。

カナダでの生活は大好きな本等に出てくるような風景で、何もかもが新鮮で家族で素晴らしい異文化を体験ができました。

カナダは他人を思いやる文化があるといつかそのこさんが話して下さいました。

娘の通っていた小学校の校長先生はカナダはpassive(受け身)の文化だとお話されていました。

みんながよそから来た私たちを快く受け入れてくれて、本当に暮らしやすく心地よい滞在となりました。

また私たちにとって家族以外の人を身近に感じながら生活するというのはとても大きな経験で、そして素晴らしい経験となりました。

滞在した場所はご近所とのコミュニケーションが大人も子どもも日本よりも密であると感じました。

近すぎず遠すぎず心地よい関係があるのは素晴らしいなぁと感心し、大きく影響もされました。

娘は大人たちの子どもへのかかわり方の違いまで感じていたようです。

他の人たちに支えられて生きているんだと実感し、家族で感謝することもできました。なかなかない体験です。

もちろんカナダでは十分なコミュニケーションが取れず、苦労も沢山ありましたが笑顔で前向きに乗り越えることができました。

カナダで大きな試練を乗り越えた経験は今後いろんなことにチャレンジする自信にもつながったと思います。

実際娘は日本に帰ってからもお友だちに対して積極的になり、また寂しく思う他人の気持ちもわかるようになりました。

英語だけでなく大きな成長の見られるまさに夢の様な一年となりました。

本当にありがとうございました。
               

IMG_2329_convert_20150719091312.jpg
とっても素敵なTさんファミリー

一緒にディナーやワインを楽しんだ時間が、とても懐かしいです

20150701_convert_20150719102000.jpg
子供たちも、とっても仲良しでした

IMG_2298_convert_20150719091255.jpg
とても素敵な感想文を、ありがとうございました

また、お会いできることを楽しみにしています

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

小学6年生 Dくんからの感想文

昨年に続き、今年も親子留学に来てくれた、小学6年生のDくん

宿題などで忙しい中、感想文を送ってくれたので、ご紹介したいと思います

Dくんの以前のブログはこちらから

                  
2週間お世話になりました。

カナダはとても涼しくて過ごしやすかったです。

日本に戻った時はとても暑くて、とてもジメジメしていたので、やっぱりカナダに帰りたいなと思いました。

ホストファミリーは、昨年と同じ家だったので、着いた日から、ケビンやジェームスといろ いろ遊べて楽しかったです。

グラウスマウンテンや、サイエンスワールド、バンクーバー動物園、花火大会(スタンレーパーク)、初めての魚釣りにも行きました。

僕は、魚が釣れず残念でしたが、ホストファザーは、釣るのが上手でした。

魚は、キャッチアンドリリースで、川に返してあげました。

日本みたいに川原で焼いて食べませんでした。

また、カナダで魚釣りしたいです。

カナダは、夜9時くらいまで明るいので、夕食後は、ほとんど毎晩、公園に行きました。

とても楽しかったです。

ファミリーが、今度来たら、ビクトリアのほうに連れて行ってあげるから、その子さんに頼んで遊びにおいで、と言ってくれました。

絶対行きます。

サマーキャンプも、あちこち遠足に行 くキャンプでいろいろなところに行けて、友達もできました。スクールバスの運転手さんと誕生日が一緒でした。

でも、私は64歳よって言ってました。

そして、日本で参加したスピーチコンテストでは、96人中12人のファイナリストに残ることができました。

決勝では、優勝出来なくて残念だったけど、ファイナリストに残って、盾がもらえたので、嬉しかったです。

ファイナリストに残れたのは、クリス先生に、BODY LANGUAGEとか、どこで強く読むかとか教えてもらえたからだと思います。

教えてもらったところに気をつけて、家で練習したら、上手く行きました。

本番は、少しだけ緊張したけど、途中でクリス先生の顔が浮かんで、あまり緊張しませんでした。

ありがとうございました。

また、絶対にカナダにいきたいです。

Thank you very much !!!!!
                 

IMG_2422_convert_20150802142828.jpg

IMG_2423_convert_20150802142848.jpg
仲良しのホストブラザーたちと

昨年と同じホストファミリー宅で、1週間、地元の子供たちが通う、デイキャンプに参加したDくん

そして、今年も、クリスのプライベートレッスンを受けてくれました

帰国後のスピーチコンテストでは、輝かしい結果を残すことができたそうで、今年も、充実した留学生活を送ってくれたのではと思います

前回の留学後、英語やカナダのことが大好きになったというDくん

今から次の留学を目指して、英語だけではなく、他の勉強や生活面についても、がんばって向上させているようです

Dくん、とっても素敵な感想文をありがとう

またまた、パワーアップしたDくんに会えることを、今から楽しみにしています

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック