夏の親子留学のお母さまからの体験談

この夏、約2週間の親子留学に来てくれた、8歳のNちゃんと10歳のTちゃんのお母さまから、夏の体験談を頂いていたので、ご紹介させていただきます

ブログへのアップが遅くなってしまってごめんなさい

8歳のNちゃんと10歳のTちゃん 夏の親子留学の様子はこちらから

         
遅くなりましたが、楽しかった二週間を振り返って、体験談を送らせていただきます。

まず二人について

二人とも年中時より週一回の英語教室に通い始め、小学生になる前後より教室の数を増やし、最多週に三回会話中心の教室に通っていました。

時折英語のアニメやドラマを見せたり、絵本の読み聞かせをしたりしておりましたが、英語でコミュニケーションを取れる程には習得していませんでした。

また、二人とも積極的な性格ではない為、知らない環境で積極的に自分から話しかけていくタイプではありませんでした。

サマーキャンプについて

このような状況でのサマーキャンプへの参加だった為、初日に二人を預けて行く時心配で後ろ髪が引かれる思いでしたが、キャンプのリーダー?先生?に状況を説明したところ「大丈夫よ〜」と明るく言ってもらえて非常に安心しました。

早めにお迎えに行き、小窓から覗いていると何やら楽しそうにゲームに参加し、お友達とも会話をしている二人の姿を見て、私まで嬉しくなってきました。

案の定二人とも初日から「すごく楽しかった〜」と言っており、「何を言われているのか分からないこともあったけれど、お友達の見よう見まねで全然問題無かったよ〜」と逞しくなっておりました。

また、週の半ばにはキャンプで知り合ったお友達と放課後にプレイデートまでするほど仲良くなり、キャンプを満喫しておりました。

ホストファミリーについて

その子さんから紹介していただけるファミリーなので安心はしておりましたが、想像以上に優しくフレンドリーなファミリーで、親戚含めて皆さんに良くしていただきました。

週末はもちろんのこと、サマーキャンプ終了後もプールやベリーピッキング、ホワイトロックなど様々なところへ連れて行ってもらいました。

子供達はホストシスターと年が近いこともあり本当に仲良くなり、毎晩寝る直前まで何やら楽しそうに三人で遊んでいました。

娘たちもホストシスターとコミュニケーションを取りたいがために、知っている単語を駆使して思いを伝えており、語学を学ぶ原点を体感したようです。

私もマザーとは子育てや家事、学校のシステムの違いや習慣の違いなどを知れてとても興味深かったです。

帰国後

今回私一人で子供二人を海外に連れて行くことに不安を感じていましたが、結論から言うと思い切って留学してみて本当に良かったです。

日本で英語を勉強して下積みしていたものが、今回の留学をきっかけに花開いた感じがします。

まだまだ発展途上の語学力ですが、何と言っても二人に「英語が楽しい」「英語が好き」「コミュニケーションとれるのが楽しい」という気持ちが芽生えてきたようです。

時折二人で英語で会話しており、こんなことは今までになかったので驚いています。

今回の経験を二人の今後に活かせていけたらと思っております。

まとまりなく長くなってしまってすいません。

今回、本当に良い経験をさせていただいたと感謝しております。

二人とも帰国前から来年もまた行きたい!と思っていたようで、先日来年の航空券を予約しました!
         

20171004160904680.jpg
お母さまが、アメリカの大学で留学経験をお持ちのため、大変流暢な英語を話され、カナダでは、ホームのような感じでステイしていただけたのではと思うほど、ステイ先やお子様のサマーキャンプでの対応等、たった2週間なのに、こちらの生活に馴染まれていました

20171004160905791_2017100717284873d.jpg
最終日は、私の約8年のエージェント人生の中で、こんなに涙 涙のお別れは見たことがないほど、号泣してしまった、ガールズたち

Nちゃん、Tちゃん以上に号泣していたのが、11歳のホストシスターでした

お別れは悲しいですが、3人のガールズにとって、一生 忘れられない夏になったのではと思います

そして、既に来年の夏の航空券を取っていただいたとのことで、私も今から、ガールズたちの再会を見られることが、とても楽しみです

ぜひ来年の夏の留学をモチベーションに、日本でも頑張って英語の勉強を続けてもらえたらと思います

お忙しい中、とても素敵な体験談を送っていただき、ありがとうございました

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです
スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

春に親子留学に来てくれた お母さまからの感想文

夏の留学生の時期に入ってしまっていたため、紹介させていただくのがとても遅くなってしまいました。

今年の春、2回目の親子留学に来てくれたお母さまが、お子様が通われている、北海道のラーナロットのスクールに送られた感想文を、私のほうにも頂いたので、アップさせて頂きたいと思います

6歳のMちゃんと9歳のAくん の親子留学のブログはこちらから

              
今回は2回目のカナダでしたが、毎日が刺激的でとても楽しむことができました。

ホストファミリーも本当に親切で、赤ちゃんがいるのに心苦しいくらい良くしてもらいました。

カナダの教育やパキスタンのこと(結婚式が5日もかかるとか!)など、話題は尽きず、毎日が発見の連続でした。

語学学校もとても楽しかったです。

国によって常識や考え方が違うことを知るのも楽しかったですし、ママさんの生徒さんとは子育ての話題で盛り上がりました。

国は違っても子供を想う親の気持ちは一緒ですね!

子供たちもホストファミリーとの生活、語学学校共にとても楽しんでいました。

ラーナロットの6年生がいてくれて、二人ともとても心強かったみたいです。

Mがはしゃぎすぎて、6年生のみんなに迷惑をかけてしまってすみません!

6年生のみんなもカナダの思い出が楽しいものになっているといいのですが・・・。

「子供が英語を話せるようになれたらいいな」、というところから始めた英語教育でしたが、自分も一緒に英語を勉強することで、色々な国の人達と交流することができるようになり、今まで知らなかった世界が開け、育児と仕事と家事の合間でチマチマ勉強してきたことが、少し実を結んだようでうれしく思います。

子供が一人でホームステイをするのも素晴らしいことですが、親子留学をすることで、親も英語を使って色々な国の人と交流する楽しさを知ることができ、(日本にいると英語は習い事の一つという感じですが、外国に行くと生活するための手段ですね)、子ども達も、直接的ではないかもしれないけど、私が受けた前向きな影響を受けるように思いますので、親子留学には普通のホームステイとはまた違った醍醐味があるんだなと改めて感じました。

今回、「自分の常識と他の国の人の常識が違う」、ということを身をもって体験し、「空気を読む」とか「人に合わせる 」ことが求められる日本の生活に息苦しさを感じる私としては、ホッとする、少し心が洗われるような感じがしました。

私一人では英語の勉強を続けようとか親子留学をしようとか考えもしなかったと思いますが、的場先生や五十嵐先生をはじめラーナロットの先生方に道を開いていただき、今回素晴らしい体験をすることができました。

本当にありがとうございます!

次はいつ親子留学をするか、帰ってきたばかりですが考え始めているところです。

これからもお世話になるかと思いますがよろしくお願いします。
              

20170331045946e08.jpg

20170331045947387.jpg
北海道のプリスクール・子供英会話 ラーナロットに通われているMちゃんとAくん。

お子さまだけでなく、お母さまも英語の勉強をされていて、ホストファミリーと話される様子を見て、すぐに、前回の親子留学の時より、英語力が上がっていることが分かりました

ぜひまた、パワーアップしてカナダでお会いできたらうれしいです

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

中学2年生 Sちゃんのお母さまからの感想文

前回のブログに引き続き、今回はSちゃんのお母さまからの感想文をご紹介させていただきます

              
4年ぶりのホームステイ、昨日無事に帰国しました!

5月にその子さんに希望を伝え、すぐにステイ先を提案していただき、いつもながらの迅速な対応に、私たち親子も安心して準備をすることができました。

学校の部活などの予定などを考えると、長くまとまった滞在ができず、今回は語学学校などにも通えませんでしたが、ホームステイならではの体験ができたようです。

以前とは違い、娘だけで海外に行くことを決めましたが、最近の航空機の様々なトラブルを目にすると、やはり根拠のない不安は付き物でしたが、往復の航空会社のサービスが使えることで、ほとんどの不安はなくなりました。

13歳という年齢が、子供でも大人でもなく、また、国によっても守られていたり、そうでもなかったりと様々なんだということにも初めて気づきました。

バンクーバー空港では、その子さんが「いつもの場所」で笑顔で迎えてくれたことで、ひとまずは一人旅の緊張が消えたそうです(^^♪

初日からホストファミリーと打ち解けて、1週間をリラックスしっぱなしで過ごしたようで(笑)帰宅してからも全く疲れた顔を見せません!

「困ったことは何かあった?」と聞いてみましたが、「何にもないよ~。あ、夜は寒かったから掛物をもう1枚借りたよ。」と。

ちょっと拍子抜けしてしまいました。

ホストファミリーとの文化の違いや各家庭の生活習慣、ちょっとした過ごし方の違いは必ず感じるはず・・・

寂しいな、と思うこともあるはず・・・

13歳なりに上手に受け入れて、更に消化できるかしら?

そんな期待も込めて送り出しましたが、あたたかいファミリーのおかげで、甘えさせてもらったようです(汗??)

やはり、低学年のうちにホームステイやサマーキャンプ、語学学校などで異文化に自然と触れていたことが、何よりも、今回のホームステイを楽しく送れたことに繋がったのかもしれません。

数年前にはすぐに実感できなかったのですが、ひとりでやらせてみて、今はじめて気が付きました。

快く迎え入れてくれるホストファミリーには本当に感謝しています。

語学力だけでなく、コミュニケーション力なども…課題は多くありますが、またこのような機会を与えてあげたいと思っています。

娘には、今回もまた、子供たちも含めみんなに感謝の気持ちをもってほしいと感じます。

その子さん、またよろしくお願いします!
              

20170909045324c7d.jpg
笑顔がとってもかわいいSちゃん

滞在中、Sちゃんからは、思ったよりあまり連絡がないとお母様に聞いていました

私も含め、大人たちは、少しでも連絡がほしいと思ってしまいますが、ほんと、便りがないのは元気な証拠ですね

とても元気に1週間のホームステイを終えたSちゃんが、頼もしくみえました

Rさん、お忙しい中、素敵な感想文をお送りいただき、ありがとうございます

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

中学2年生 Sちゃんからの感想文

前回のブログで紹介させていただいた、中学2年生のSちゃんが、感想文を送ってくれました

ホストファミリーの名前の個所だけ、変更して、紹介させていただきます

            
ひとりでホームステイをしたのは今回が初めてでした。

もちろん緊張はしていたけれど「楽しみ」のほうが強かったです。

ステイ先に到着したら、早速、ホストマザーとホストシスターがあたたかく迎えてくれました。

早速、ホストシスターに近くを案内してもらい、とっても仲良くなりました。

今回のホストファミリーは引っ越したばかりで、近くのアメリカとカナダの国境線上にあるとっても広い公園に連れて行ってもらいました。

2日目は近くのビーチで行われていた“Sand Castle Contest”に行きました。

ホストブラザーやホストシスターの友達も一緒に参加しました。

ほかに参加していた人たちの作品は、乗っても崩れない海賊船や、カメなどたくさんあって興奮しました!

賞はとれなかったけど、友達とも仲良くなりとっても楽しかったです。

4日目は“Water Slider Park”に連れて行ってもらいました。

この日もホストシスターの友達も一緒に遊びました。

日本のよりも高くて長くて速くて絶叫マシーンのようで、ものすごく楽しかったです‼

アイスクリームは甘くて日本の倍以上の大きさでした。

飽きるほどほぼ毎日食べていました(笑)

5日目は主にショッピングを楽しみました。

ホストマザーが、おすすめのお土産を選んでくれました。

私はファミリーに日本のお土産として、こまや折り紙、ライトで照らすと見えるペンなど持っていきました。

とっても喜んでくれて、どこかに遊びに行くときも、片手に持っているくらいでした(笑)

ホストマザーは、日本茶が好きと聞いてうれしかったです。

今回初めてひとりでホームステイさせていただいて、様々なこと学ぶことができました。

とても楽しい経験でした。

またカナダに行きたいです。

ありがとうございました。
            

201709080511056fc.jpg

今回が初めての、一人での留学だったSちゃん

不安や、戸惑いもあったのではと思うのですが、そんなことを全く感じさせない笑顔で、最終日に、楽しかった~と、話してくれたSちゃんが、とても印象に残っています

忙しい中、素敵な感想文を送ってくれて、ありがとう

また、カナダで会えることを楽しみにしているね

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

7歳のRちゃんと9歳のHちゃんのお母さまからの体験談

前回のブログでご紹介させていただいた、1週間、カナダで親子留学に来てくれた 7歳のRちゃんと9歳のHちゃんのお母さまが、さっそく、体験談を送ってくれたので、ご紹介させていただきます

             
カナダ滞在時は本当にお世話になりました。

親子で夢のような時間を過ごすことが出来ました。

少しですが、体験談をお話しさせていただきますね。

まず、ホストファミリーとしてご紹介いただいたのは、とても優しくて穏やかなマザーととてもキュートで姉妹とても仲の良いシスター達、働き者でとても親切なファザーの4人家族でした。

プールのある洋書に出てくるようなステキなお家で、家族のように受け入れていただき8日間を過ごすことが出来ました。

子供たちは年が近いせいか毎日のようにプールに入ったり、公園に連れて行っていただいたり鬼ごっこをしたりして楽しく遊ぶことができました。

食事はマザーがとても料理上手な方で、色々と美味しい料理をご馳走していただいたのですが、好き嫌いのあるうちの娘たちには日本食が恋しくなることもあり、一度だけ買ってきたラーメンを食べるということもありました。

サマーキャンプの2日目からのランチもマザーの作るサンドイッチではなく、ご飯を炊いていただき私がおにぎりを作って持たせる形になりました。

サマーキャンプでは何を言っているかはなんとなく分かっても話すことが出来ない娘も為に、トイレなど必要最低限の会話を書いたメモを持たせましたが、それを使うことはなく、単語ではあったもののちゃんと自分の気持ちを周りに伝えることができたようです。

初日はグッタリとして帰ってきた娘も、毎日楽しいと言って笑顔で帰ってきたので私も安心できました!

私の方はというと、バスで乗り換えて1時間かかるところにある語学学校なので、朝早く出発する為バスの中で睡魔が襲ってきたり。。。

でも久しぶりの学生生活を楽しむことが出来ました。

帰りのバスでは2回も迷ってしまってタクシーを手配して頂いたり、マザーに迎えにきてもらったりと色々とありましたが、なぜか自分自身慌てることなく落ち着いて行動できたと思います(笑)

それからカナダに来て色々な野生動物に出会えたことも、この親子留学のステキな思い出です!

オプショナルツアーで行ったキャピラノ吊り橋では滅多に会えないという熊、ホストファミリーの近所ではリスや野ウサギ、そして朝早くバス停に向かう途中コヨーテにも遭遇するという。。カナダの大自然を感じることができました。

ホストファミリーにはウォーターパークやホワイトロックにも連れて行っていただき、毎日楽しく過ごすことが出来ました。

最終日、娘はホストシスターに手紙を、私はホストファミリーに8日間の感謝を伝えハグをしてお別れしましたが、短いものの8日間の出来事が思い出され最後は涙涙のお別れになりました。

子供たちは帰りの飛行機で、また次も絶対に来る!と言っていました。

初めてのカナダは私たちにとって、とても素晴らしい経験、ステキな思い出になりました。

また来年も是非来たいと思う体験でした。
             

201708170227242d2.jpg

ご帰国後すぐの、お忙しい中、体験談をお送り頂き、ありがとうございました

今回の楽しかったという思いをモチベーションに、次回カナダに来てくれる時まで、また頑張って、英語を勉強してきてもらえたらと思います

そうすると、より一層、楽しいカナダステイが待っているのと同時に、ステイ中に使って聞くことができる英語の量も、ぐんと増えること間違いなしです

また、お会いできることを楽しみにしていますね

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック