9歳のYくん お母さまからの夏の感想文

前回のブログで紹介させていただいた、9歳のYくんからの感想文

今回は、お母さまからの感想文です

         
そのこさん、クリスさん、ヒロ君、カイ君、今夏は貴重な経験をありがとうございました!

そのこさんの人柄に触れ、一人で来て楽しんでいるお子さんを見て、いつかは我が子にもチャレンジしてもらえたらと思っていたので、「楽しすぎた~!もっと早く挑戦すれば良かった!」の言葉が聞け嬉しく思っています。

一人で行ったからこそ、いろんな気付きや発見があったようで、視野が広がったように思います。

また、単語を知らなくても、ジェスチャーや伝えたい気持ちが大切だという事を肌で感じたようです。

「お母さんが子供に言う事って、どこの国も一緒なんだね」には笑いましたが・・・

ヒロ君やカイ君とずっと過ごす中で、少しずつ距離が縮まり兄弟のように遊べた事、最終日には、リビングで一緒に寝かせてもらえたことなど、思い出はつきないようで、一カ月以上たった今でもいろんな話をしています。

最近は、「ヒロとカイが来るんだから、お父さんとお母さんも英語を勉強してよ!」と、言われていますが(笑)

そのこさんが日々様子を教えて下さったおかげで、私達も安心してお任せすることができました。

また、サイクリングやキャンプ、ダウンタウンでの買い物など、いろんな体験をさせて頂いたことに感謝しています。

そのこさんが作ってくれる日本食やタコスも美味しく嬉しかったようです。

本当に、お世話になりました。

また一人で行く気満々なので、よろしくお願いします!!
201709261527072cc.jpg
子供たちの通う学校で、カナダの学校の雰囲気を味わいました

20170926152708bae.jpg
最終日のリビング

子供たちが勝手に、ブランケットやマットを持ち出して、一緒に寝る準備をしました

帰国日もギリギリまで遊んでいます
         

お忙しい中、素敵な感想文をお送りいただき、ありがとうございました

Yくんとお母様が初めてカナダに親子留学に来てくれたのは、4年前の夏です

今年、初めて一人でカナダに来てくれたYくん

そして、来年のW留学 in カナダ&日本 が実現することを楽しみにしています

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです
スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

9歳のYくん 夏の感想文

年長さんの時から、親子留学に来てくれていて、この夏、初めて一人で、我が家にホームステイに来てくれた、9歳のYくん

そんなYくんが、夏の感想文を送ってくれました

Yくんの、夏のステイの様子はこちらから

          
最初は少し不安もあったけど、楽しむぞーという気持ちでカナダに行きました。

飛行機の中でも周りの人が親切にしてくれ、一人でチャレンジして良かったです。

僕が楽しかったことは、朝から夕方まで、ヒロ、カイ、ネイソンとホッケー、テニス、トランポリン、レゴの戦いやマインクラフト、ライフゲームをしたことです。

日本では裸足のまま友達の家に行き、家にあがったりしないので驚きました。

みんなしていたので、カナダでは普通のことなんだと思いました。

キャンプでは、海遊びやクリスさんの昔の話を聞いたり、キャンピングカーで過ごせて嬉しかったです。

マシュマロ専用の石に火をつけて、温度調節できるアイテムはいいな~と思いました。

スタンレーパークや、舟で渡った島でのサイクリングも風が気持ちよく、やっぱりバンクーバーの景色はいいな、と思いました。

楽しいことばかりだったけど、一番心に残っているのは、三人で布団をリビングに持ってきて寝たことです。

ずっと一人で寝ていたので、最後にヒロとカイと一緒に寝れてとても楽しかったです!!

空港で、ヒロがスーツケースに入って日本に行きたい!と言って、カイも一緒に行かないの?と言ってくれ、嬉しい気持ちになりました。

そのこさん、クリスさん、ヒロ、カイが楽しいプランを考えてくれたおかげで、初めてだったけど淋しくならずにアッという間でした。

ありがとうございました。

ヒロ、カイ、また遊ぼうね!

今度は僕の家に泊まってね。

201709261526582f2.jpg
Yくんの感想文に出てきた ネイソン とは、我が家のボーイズととっても仲良しの近所の男の子です

いつもお互いの家を行ったり来たりする仲です

20170926152704e1c.jpg
こちらは、Yくんが、キャンプの時に使った、マシュマロ専用の石に火をつけて、温度調節できるアイテムと言っていたものです

夏のカナダは、空気が乾燥するため、山火事になりやすい時期は、木を使ったキャンプファイヤーは禁止になります。

そんな中でも、これは、ガスバーナーを使っていて、キャンプファイヤーが楽しめるので、とっても便利です。

201709261527020b4.jpg
キャンプに行って、湖で遊んで、BBQをして、そして、大自然の中での ライフゲーム(人生ゲーム)

20170926152710307.jpg
空港のカウンターで、来年はみんなで日本に行こうと盛り上がりました

          
今回は、初めての1人でのホームステイで、カナダに来る前に、緊張している様子をお母さまからお聞きしていました。

出発前は、ヒロやカイと仲良くなれなかったら。。近所の子と、うまく遊べなかったらどうしようと、楽しみ半分、不安も尽きなかったようです

たった1週間のホームステイでしたが、いつの間にか、近所の家には、我が子同様、裸足で遊びに行っていました

カナダでの生活をとても楽しんでくれ、来年の夏は、Yくんがカナダに来た後、3人で日本のYくんの家に行き、ホームステイをする約束をみんなでしていました

Yくん、その時は、日本では靴を履いて友達の家に行くことを、ヒロとカイに教えてあげてね

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

14歳のAちゃん 夏の留学の感想文

この夏も、カナダに留学に来てくれたAちゃんが、感想文を送ってくれました

Aちゃんの夏の様子はこちらから

アップが遅くなってしまってごめんなさい

         
そのこさん、今年の夏もありがとうございました!!

今回もいつものステイ先で、たくさんの事を経験出来ました!!

キャンプに行ったり、初めての遊園地に連れて行ってもらったり、日帰りでレイクに泳ぎに行ったり、お友達のお家にお泊まりしたりしました。

なんと、皆既日食の時期と重なっていて、見る事も出来ました。

日食グラスは売り切れで手に入らなかったのですが、TVで作り方を見たので、アルミホイルを使って手作りしました。

今回1ヶ月滞在しましたが、ほとんど雨も降らず、良いお天気でした。

でも、雨が降らないせいで山火事が起き、その煙で空が見えない日が2週間ぐらい続きました。

曇っているような感じで、日焼け止めをあまり塗らなかったら、すごく日焼けしてしまいました。

キャンプは、去年と同じカルタスレイクに行きました。

今回は一週間という長い期間でしたが、本当に楽しかったです。

ファミリーの仲の良いお友達三家族で行ったので、ずっと一緒に過ごせて、たくさんの事を話せて、今まで以上に仲良くなれたように思います!

レイクにメガネを落として、2日後に見つかる、というハプニングもありましたが、今では笑える、とてもいい思い出になりました。

マザーのFBで、度付きのサングラスを夜もかけている私の写真を見て、母は「眼鏡をなくしたのでは…」と心配したようですが、「見つかったよ」とマザーからの連絡をそのこさんが日本の母に伝えてくれたので、ホッとしたようです。

毎回、滞在ごとに、新しいことを一つはチャレンジしようと思っているのですが、 今回は、YMCAのリーダーシップキャンプに行きました。

そこでは、子供達とどんな遊びができるのかを研究したり、みんなで新しい遊びを作ったり、何歳の子にどんな遊びができるのかを考えたりしました!

最後には、実際に小学校に行ってキッズと遊びました。

現地の子たちは、このキャンプを通して、小さな子供たちのケアの仕方を学び、 実際にサマーキャンプなどで、小学生などのケアのサポートのアルバイトをするようです。

そして、ベビーシッターの経験もできました。

小さないとこが家に来て、ホストブラザー、シスター、私だけでケアをしました。

3歳なのでまだあまり話せず、意思疎通がとても難しかったのですが、最後にはハイタッチをしてくれるくらい仲が良くなれました。

ホストシスターのベストフレンドEとは、今回の滞在中、7回も一緒にお泊りしました。

今までも仲が良かったのですが、今回は一緒に過ごす時間が長く、その家族ともたくさんの時間を一緒に過ごしました。

Eのマザーは日本人なのですが、Eが通う学校はフレンチイマージョンで、英語とフランス語のバイリンガルです。

そしてEは日本語を全然話せません。

ホストシスターとブラザーも、英語とフランス語のバイリンガルです!

Eのマザーは、私が英語の勉強のために来ている事を知っているので、ずっと英語で話をしてくれます。

そして、私のために、日本食を時々作ってくれるのです。

おにぎり、おそうめん、いんげんの胡麻和えなど。

ホストマザーは、いつもおいしいご飯を作ってくれるのですが、時々日本食を食べると、ホッとします。

私にとっては、ホストファミリーだけでなく、周りのお友達の家族、親戚、みんなが 大事なカナダの家族のような存在です。

いい環境に本当に感謝しています。

私は来年の9月から1年間カナダで高校に通いたいと考えています。

出来ればラングレーで、みんなと一緒に過ごしたいと思っています。

まだまだ英語の勉強をしないと、カナダの高校での授業が理解できないと思います。

来年までに、英語のスコアを上げるために頑張って、初めてのTOEFLにも挑戦してみるつもりです。

春にもみんなにに会う予定なので、そこで成長した姿を見せたいなと思います。
         
20170810024625c49.jpg
ホストファミリー&友達と

20170810024628bdd.jpg
ホストファミリーと友達家族とのキャンプ

カナダに来ると、水を得た魚のようにイキイキとして、どんどんカナディアンに近づいて行っているAちゃん

現在、長年の夢だった、長期留学を実現させるべく、頑張っています

忙しい中、いつも感想文を送ってくれて、ありがとう

とっても嬉しいです

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

9歳のKちゃんからの 感想文

前回のブログで、この冬に、一人で留学に来てくれた、 9歳のKちゃんのお母様からのメールを紹介させていただきましたが、今回は、Kちゃんからの感想文をアップさせていただきます

9歳のKちゃん 冬の留学ブログはこちらから

縮小しているため、読みにくくなってしまいましたが、これからホームステイをされる学生さんには、ぜひ読んでほしい内容です

2017061611_convert_20170616203634.jpg

20170611612_convert_20170616203736.jpg

201706162_convert_20170616203821.jpg

ホームステイは、ホテルに滞在するのではありません。

異文化で、違う言葉を話す家族と一緒に、一つ屋根の下で滞在することです。

日本での生活をそのまま持ってくることは、当然できません。

今まで当たり前にできていた日本での生活ができなかったとき、その中でどうやって過ごすのかは、当然、自分次第です。

お互いを尊重し、理解する心、感謝の心がないと、楽しく充実した時を共有することは難しいのではと思います。

Kちゃんも、滞在中、悩んだり、悲しくなることがありました。

そんな時、お母さまは、いつもKちゃんにホストファミリーに感謝すること、ファミリーのルールを守ることなど、しっかり伝えてくれていました

Kちゃんの中で、納得いかないこと、つらいこともあったと思います。

それでも、帰国してから、こんなふうにカナダ留学のことを振り返ってくれたことについて、Kちゃんの凄まじい成長を感じました

そして、この夏、なんとまた、カナダに留学に来てくれることになりました

前回のファミリー宅では、プランの都合上、滞在できませんが、また新しいファミリー宅で、前回とは違った成長を遂げてくれることを、今から楽しみにしています

Kちゃん、素敵な感想文を送ってくれてありがとう

20161223122137250.jpg
ホストキッズたちと

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

9歳のKちゃん お母さんからのメールレター

この冬に、一人で留学に来てくれ、カナダのクリスマスを体験した 9歳のKちゃんのお母様とKちゃんから、素敵なメール&日記を頂きました

9歳のKちゃん 冬の留学ブログはこちらから

夏の準備で忙しく、アップさせていただくのが遅くなってしまいましたが、ご紹介させていただきます

(ホストファミリーの名前のみ、ホストマザー、ホストファザー。。にかえさせていただきました。)

          

そのこさん

海外のホームステイが初めてで右も左もわからない不安でいっぱいの私たちにたくさんのことを、色々と教えていただき、またご親切と心配りをしていただき、本当にありがとうございました。

初めてのことばかりや、遠く離れているからこそ、色々ご迷惑をおかけしたと思いますし、心配もありましたが、いつもサポートをしてくださり、「そのこさんに娘のことをお任せしていれば大丈夫。」という気持ちにさせてくれました。

とても心強かったです。

私の想いもしっかり受け止めつつ、わからないことを教えて下さり、「そのこさんにホームステイをお願いして本当に良かった」と、心から思いましたし、今もそう思っています。

本当に感謝しています。ありがとうございました。

ホストファミリーの皆さま

皆さまお元気ですか?あれから随分と日が経ってしまいすみません。

お手紙を書こうと思いながら、こんなに日が経ってしまい、すみません。

そして、ホストマザーにたくさん、たくさんお土産をいただいてすみません。

ありがとうございます!

いま暖かくなったので、心春は頂いたTシャツを着て学校に行ってます!

どちらのTシャツもお気に入りで喜んで着てます!!

お友達や先生に可愛いね!!って言われたみたいです。

ありがとうございます。

初めての娘のホームステイをとても有意義なものになったのも、ホストマザーをはじめ、ホストファザー、ホストシスター、ホストブラザーたち、みなさんが親切にしてくださったおかげです。

たくさんのところに連れて行ってくださり、毎日料理を作ってくださり、本当にありがとうございました。

今でも思い出し、感謝の気持ちでいっぱいです。

娘の冬休みの宿題で出たホームステイの日記を一緒に添付しておきます。

娘は今でもホストファミリーの話を思い出した時に話題に出します。

そして、「ホストシスター、どうしてるかな、面白い子だったなー」と言ったり、「色々あったけど今度もまた、同じお家でホームステイがしたい!」と言います。

そして、英会話教室でも、以前よりも先生(アメリカの先生です)と会話することが多くなったり、先生の話は大体わかるようになってるようです。

まだまだ足りないとは思うのですが、 授業もわからなくて大変に感じることが、少し減ったように思います。

これはやはり、ホームステイの経験が活かされている☆!ように思います。

ありがとうございます!!

この初めての2週間のホームステイは、娘にとっても、私にとってもかけがえのない、経験です。

私たちにとってそれぞれ多くのことを学び、そしてこれからの人生の糧となるけいけんをさせていただき、皆様に感謝いたします。

そして、そのこさん、ホストマザーに出会えたことが一番の幸せです。

感謝いたします。

ありがとうございます。

娘は4月から5年生になり、高学年になると学校も遅くなり、行事も増え、やりたいことも増え、さらに多忙な毎日を過ごしていますが、またカナダに行くと思います。

そのときはまたそのこさん、お願いできますでしょうか・・・

(私としては今年の夏にもう一度行って来ればいいと思っているのですが、そのこさんそれはさすがに日がないので難しいですよね・・・まだ娘には何も言ってないのですが・・・)

また皆様にお会いできる日をとても楽しみにしております。

それまで皆さまお身体に気を付け元気でいてください。
          
20161223122140aff.jpg
ホストマザー&ホストシスターと

20170103161548a55.jpg
ホストファミリーと

20170109102623e10.jpg
オプショナルツアー

お忙しい中、とても素敵なお手紙を頂き、本当にうれしく思います

ありがとうございました

次回のブログではKちゃんの日記をご紹介させていただきます

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック