FC2ブログ

15歳のAちゃん 春の留学の感想文 後編

5月も中旬になり、最近は、すっかり夏日が続いています

日も長くなり、8時30分を過ぎた今も、子供たちは近所の女の子たちとバトミントンをしています

20180515125259244.jpeg

さて、この春も留学に来てくれた15歳のAちゃんからの感想文 後編を紹介させていただきます。

             
ホストファミリーとの時間は、モールにホストシスターのお友達とお遊びにいったり、Castle fun park という遊園地に連れていってもらったり、今回も本当に色々なことをさせてもらいました!

中でも印象に残っているのはイースターです。

毎年この時期はイースターホリディと重なるので大好きな季節です。

今年はイースターのイベントに2回も行けました。

1回目はホストファザーの家で、これまでしたことのないような、クイズ形式でイースターバスケットを当てるというものでした。

あまりにも問題が難しすぎて、解くのに1時間もかかってしまいましたが、最後にはクローゼットいっぱいのチョコを見つけることができてよかったです。

2回目はモールのイベントでした。

モールの中にたくさんのeggが隠されていて、それをインフォメーションに持って行くと、サービス券がもらえるというもので、ホストブラザー・シスター・友達のEも必死になって探しました。

その結果25ドルの券がもらえました!!

その券でお昼ご飯を食べました。

歩き回ってお腹が空いていたので、とても美味しかったです。

帰国の日には、カナダの学校は新学期がはじまっていたのですが、私を見送ってくれるために、ホストブラザー・シスターは、学校を遅刻してくれました。

「その子さんがきたら隠れたらいいや」とか、「パッキングしなかったら日本に帰れないよ」とか色々言っていたのですが、そんなことはできず、帰る時間になってしまいました。。

その子さんに迎えに来てもらったとき、ホストシスターが急に泣き出してしまい、みんなで号泣してしまいました。。

その子さんも、もらい泣きしていました(笑)。

今回で、このファミリーと過ごすのは6回目なのですが、初めてみんなで号泣しました。。

本当は、この7月から一年間の高校留学をするつもりで、このファミリーと一緒に過ごす予定でした。

でも日本の学校や、大学受験の事を考えて高校生での留学はあきらめる事にしました。。

だからみんな余計に悲しくて。。

でも、あと4か月で短期ですがカナダに帰れるので、それを楽しみに高校生活を頑張ります!!

今回、デイケアセンターでのボランティアという、なかなか出来ない経験をさせてもらうことができて本当に良かったです。

そのこさん、本当にありがとうございました。

クリス、チューターありがとうございました。

本当に楽しい授業でした。

課題の本も頑張って読みますね。

4月から始まった高校のグローバルコースは、オールイングリッシュでの授業が毎日数時間あり、宿題も多く大変ですが、とても楽しいです。

学校での英語の授業は、中学とは比較にならないぐらいレベルの高いものです。

学校での授業をしっかりと受け、英語のスコアも上げてカナダに戻りたいです。

夏もまたよろしくお願いします!
             
20180329155141fbd.jpeg
ホストキッズとお友達と一緒に

20180515130154940.jpeg
ホストファミリーと涙のお別れ

今まで 何度もあったホストファミリーとのお別れですが、こんなに全員で泣いてのお別れは初めてでした


私のクライアントさんの中には、小さいころから親子留学をしていたり、プリスクールなどに通ったりしていて、ネイティブ並みの語学力を持ってカナダに来る子も何人かいます

Aちゃんも、中学受験が終わってから、日本の学校が長期休暇になると、短期留学に来てくれますが、2年ほど前の夏から、語学力とコミュニケーション能力がとても向上したと感じました

人と交流するには、英語が上手なだけではなく、コミュニケーションをとることが必要とされます

コミュニケーションをとるには、相手のことを考え、思いやり、そして、自分の意思をしっかり伝えることが大切になってきます

Aちゃんは、その両方をとても上手にこなしています

ホストファミリーとの関係も、いつも良好で、とても楽しそうに過ごしているAちゃんですが、それは、Aちゃんがファミリーのことをリスペクトし、とても大切に思っているから、できる関係なのだと、Aちゃんとファミリーを見ていると、いつも思います

大人でも、こういったコミュニケーションをとることは簡単でないですが、それをさらっとこなすAちゃん。

Aちゃんの生まれ持った性格と、経験がこういった能力を身につけていったのだと思います

夏にはまた、たくさんの留学生がカナダに来てくれます

留学先で出会う人たちと、ぜひ、素敵な関係を築いてもらえれば、より一層、充実した時を過ごしてもらえると思います

お問い合わせ先
sonoko@maple-road.com

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

15歳のAちゃん 春の留学の感想文 前編

現在、夏に家の近くの大学に来る留学生のために、ホームステイ先を探す仕事をしているため、週に3-4回ほどはホームステイファミリーの面接をしている毎日です

さて、この春も短期留学に来てくれた15歳のAちゃんが、感想文を書いてくれました

Aちゃんの紹介ブログはこちらから

紹介するのが遅くなってしまいましたが、アップさせていただきます

Aちゃん、いつもありがとう

         
そのこさん、春はお世話になりました。

今回はクリスのチューターの授業、デイケアセンターのお手伝いと、とても忙しかったです。

でもとても充実した春休みを過ごせました!

チューターの授業では、グレード7のテキストを使って勉強をしました。

専門的な単語などが出てきて難しかったですが、新しいことをたくさん知ることが出来てよかったです。

例えば、カナダの州の数など、地理を全く知らずにカナダに行っていましたが、今回の社会の時間に習う事が出来てよかったです。

色々なことを教えてもらい、少し成長する事が出来たと思っています。

クリス、不真面目な私のチューターを引き受けてくれて、ありがとうございました。

クリスの授業は本当に楽しくて、日本の学校もこんな授業をすればひきつけられるのにと思いました。

次の夏までの課題も、コツコツと頑張りたいと思っています。

ボランティアは、二か所のデイケアセンターを経営しているオーナーのところに、お手伝いに行きました。

去年の春、ヒロ君やカイ君の通う小学校でお手伝いをさせてもらった時は、英語の話せる7歳くらい子が多かったのですが、今回行ったデイケアセンターのうちの一つは、大きな子でも3歳と、まだ言葉を話せない子もたくさんいました。

日本でも、小さな子と遊んだことがないのに、大丈夫かなと心配でした。

でも、オーナーのMs.Gはとても優しい人で、一つ一つ、何をしてはいけないか、どんなことをお手伝いしたらいいのかを丁寧に教えてくれました。

小さな子なのでまだ充分な言葉も話せず、何が欲しいのか、なぜ泣いているのかが全く分からず大変でしたが、その子の目線になって考えることが大切だ、ということも教えてもらいました。

もう一つのセンターでは、次にグレード1になる子がたくさんいて、コミュニケーションが取れると聞き、安心していましたが、話せることによって大変なこともたくさんありました。

例えば子供同士が言い争いになってしまったり、喧嘩になったりです。

その時は一人ずつと話をして、何が悪かったのかなど、原因を聞かないといけないと教えてもらいました。

きちんと話を聞いて、問題を解決するのは大変でしたが、みんなとても可愛くて、とても楽しい時間でした。

先生たちも私にたくさんのことを教えくださり、本当にいい経験になったと思います。

帰る日に、その子さんとオーナーのMs.Gの家にお礼に行くと、ぜひ夏にもきて欲しいと言ってもらえたのでとてもうれしかったです。

夏は高校の研修プログラムでセブに3週間行きます。

そのあとにカナダに行くので本当に短期間の滞在になりそうですが、またボランティアをさせてもらえたらうれしいです。
         
20180327151631009.jpeg
デイケアでのボランティア

帰りに、オーナーに挨拶に行ったのですが、Aちゃんのことを絶賛して、いつでも戻ってきてねと言ってくれました

Aちゃんの感想文は、後編に続きます


お問い合わせ先
sonoko@maple-road.com

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

9歳のYくん お母さまからの夏の感想文

前回のブログで紹介させていただいた、9歳のYくんからの感想文

今回は、お母さまからの感想文です

         
そのこさん、クリスさん、ヒロ君、カイ君、今夏は貴重な経験をありがとうございました!

そのこさんの人柄に触れ、一人で来て楽しんでいるお子さんを見て、いつかは我が子にもチャレンジしてもらえたらと思っていたので、「楽しすぎた~!もっと早く挑戦すれば良かった!」の言葉が聞け嬉しく思っています。

一人で行ったからこそ、いろんな気付きや発見があったようで、視野が広がったように思います。

また、単語を知らなくても、ジェスチャーや伝えたい気持ちが大切だという事を肌で感じたようです。

「お母さんが子供に言う事って、どこの国も一緒なんだね」には笑いましたが・・・

ヒロ君やカイ君とずっと過ごす中で、少しずつ距離が縮まり兄弟のように遊べた事、最終日には、リビングで一緒に寝かせてもらえたことなど、思い出はつきないようで、一カ月以上たった今でもいろんな話をしています。

最近は、「ヒロとカイが来るんだから、お父さんとお母さんも英語を勉強してよ!」と、言われていますが(笑)

そのこさんが日々様子を教えて下さったおかげで、私達も安心してお任せすることができました。

また、サイクリングやキャンプ、ダウンタウンでの買い物など、いろんな体験をさせて頂いたことに感謝しています。

そのこさんが作ってくれる日本食やタコスも美味しく嬉しかったようです。

本当に、お世話になりました。

また一人で行く気満々なので、よろしくお願いします!!
201709261527072cc.jpg
子供たちの通う学校で、カナダの学校の雰囲気を味わいました

20170926152708bae.jpg
最終日のリビング

子供たちが勝手に、ブランケットやマットを持ち出して、一緒に寝る準備をしました

帰国日もギリギリまで遊んでいます
         

お忙しい中、素敵な感想文をお送りいただき、ありがとうございました

Yくんとお母様が初めてカナダに親子留学に来てくれたのは、4年前の夏です

今年、初めて一人でカナダに来てくれたYくん

そして、来年のW留学 in カナダ&日本 が実現することを楽しみにしています

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

9歳のYくん 夏の感想文

年長さんの時から、親子留学に来てくれていて、この夏、初めて一人で、我が家にホームステイに来てくれた、9歳のYくん

そんなYくんが、夏の感想文を送ってくれました

Yくんの、夏のステイの様子はこちらから

          
最初は少し不安もあったけど、楽しむぞーという気持ちでカナダに行きました。

飛行機の中でも周りの人が親切にしてくれ、一人でチャレンジして良かったです。

僕が楽しかったことは、朝から夕方まで、ヒロ、カイ、ネイソンとホッケー、テニス、トランポリン、レゴの戦いやマインクラフト、ライフゲームをしたことです。

日本では裸足のまま友達の家に行き、家にあがったりしないので驚きました。

みんなしていたので、カナダでは普通のことなんだと思いました。

キャンプでは、海遊びやクリスさんの昔の話を聞いたり、キャンピングカーで過ごせて嬉しかったです。

マシュマロ専用の石に火をつけて、温度調節できるアイテムはいいな~と思いました。

スタンレーパークや、舟で渡った島でのサイクリングも風が気持ちよく、やっぱりバンクーバーの景色はいいな、と思いました。

楽しいことばかりだったけど、一番心に残っているのは、三人で布団をリビングに持ってきて寝たことです。

ずっと一人で寝ていたので、最後にヒロとカイと一緒に寝れてとても楽しかったです!!

空港で、ヒロがスーツケースに入って日本に行きたい!と言って、カイも一緒に行かないの?と言ってくれ、嬉しい気持ちになりました。

そのこさん、クリスさん、ヒロ、カイが楽しいプランを考えてくれたおかげで、初めてだったけど淋しくならずにアッという間でした。

ありがとうございました。

ヒロ、カイ、また遊ぼうね!

今度は僕の家に泊まってね。

201709261526582f2.jpg
Yくんの感想文に出てきた ネイソン とは、我が家のボーイズととっても仲良しの近所の男の子です

いつもお互いの家を行ったり来たりする仲です

20170926152704e1c.jpg
こちらは、Yくんが、キャンプの時に使った、マシュマロ専用の石に火をつけて、温度調節できるアイテムと言っていたものです

夏のカナダは、空気が乾燥するため、山火事になりやすい時期は、木を使ったキャンプファイヤーは禁止になります。

そんな中でも、これは、ガスバーナーを使っていて、キャンプファイヤーが楽しめるので、とっても便利です。

201709261527020b4.jpg
キャンプに行って、湖で遊んで、BBQをして、そして、大自然の中での ライフゲーム(人生ゲーム)

20170926152710307.jpg
空港のカウンターで、来年はみんなで日本に行こうと盛り上がりました

          
今回は、初めての1人でのホームステイで、カナダに来る前に、緊張している様子をお母さまからお聞きしていました。

出発前は、ヒロやカイと仲良くなれなかったら。。近所の子と、うまく遊べなかったらどうしようと、楽しみ半分、不安も尽きなかったようです

たった1週間のホームステイでしたが、いつの間にか、近所の家には、我が子同様、裸足で遊びに行っていました

カナダでの生活をとても楽しんでくれ、来年の夏は、Yくんがカナダに来た後、3人で日本のYくんの家に行き、ホームステイをする約束をみんなでしていました

Yくん、その時は、日本では靴を履いて友達の家に行くことを、ヒロとカイに教えてあげてね

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

14歳のAちゃん 夏の留学の感想文

この夏も、カナダに留学に来てくれたAちゃんが、感想文を送ってくれました

Aちゃんの夏の様子はこちらから

アップが遅くなってしまってごめんなさい

         
そのこさん、今年の夏もありがとうございました!!

今回もいつものステイ先で、たくさんの事を経験出来ました!!

キャンプに行ったり、初めての遊園地に連れて行ってもらったり、日帰りでレイクに泳ぎに行ったり、お友達のお家にお泊まりしたりしました。

なんと、皆既日食の時期と重なっていて、見る事も出来ました。

日食グラスは売り切れで手に入らなかったのですが、TVで作り方を見たので、アルミホイルを使って手作りしました。

今回1ヶ月滞在しましたが、ほとんど雨も降らず、良いお天気でした。

でも、雨が降らないせいで山火事が起き、その煙で空が見えない日が2週間ぐらい続きました。

曇っているような感じで、日焼け止めをあまり塗らなかったら、すごく日焼けしてしまいました。

キャンプは、去年と同じカルタスレイクに行きました。

今回は一週間という長い期間でしたが、本当に楽しかったです。

ファミリーの仲の良いお友達三家族で行ったので、ずっと一緒に過ごせて、たくさんの事を話せて、今まで以上に仲良くなれたように思います!

レイクにメガネを落として、2日後に見つかる、というハプニングもありましたが、今では笑える、とてもいい思い出になりました。

マザーのFBで、度付きのサングラスを夜もかけている私の写真を見て、母は「眼鏡をなくしたのでは…」と心配したようですが、「見つかったよ」とマザーからの連絡をそのこさんが日本の母に伝えてくれたので、ホッとしたようです。

毎回、滞在ごとに、新しいことを一つはチャレンジしようと思っているのですが、 今回は、YMCAのリーダーシップキャンプに行きました。

そこでは、子供達とどんな遊びができるのかを研究したり、みんなで新しい遊びを作ったり、何歳の子にどんな遊びができるのかを考えたりしました!

最後には、実際に小学校に行ってキッズと遊びました。

現地の子たちは、このキャンプを通して、小さな子供たちのケアの仕方を学び、 実際にサマーキャンプなどで、小学生などのケアのサポートのアルバイトをするようです。

そして、ベビーシッターの経験もできました。

小さないとこが家に来て、ホストブラザー、シスター、私だけでケアをしました。

3歳なのでまだあまり話せず、意思疎通がとても難しかったのですが、最後にはハイタッチをしてくれるくらい仲が良くなれました。

ホストシスターのベストフレンドEとは、今回の滞在中、7回も一緒にお泊りしました。

今までも仲が良かったのですが、今回は一緒に過ごす時間が長く、その家族ともたくさんの時間を一緒に過ごしました。

Eのマザーは日本人なのですが、Eが通う学校はフレンチイマージョンで、英語とフランス語のバイリンガルです。

そしてEは日本語を全然話せません。

ホストシスターとブラザーも、英語とフランス語のバイリンガルです!

Eのマザーは、私が英語の勉強のために来ている事を知っているので、ずっと英語で話をしてくれます。

そして、私のために、日本食を時々作ってくれるのです。

おにぎり、おそうめん、いんげんの胡麻和えなど。

ホストマザーは、いつもおいしいご飯を作ってくれるのですが、時々日本食を食べると、ホッとします。

私にとっては、ホストファミリーだけでなく、周りのお友達の家族、親戚、みんなが 大事なカナダの家族のような存在です。

いい環境に本当に感謝しています。

私は来年の9月から1年間カナダで高校に通いたいと考えています。

出来ればラングレーで、みんなと一緒に過ごしたいと思っています。

まだまだ英語の勉強をしないと、カナダの高校での授業が理解できないと思います。

来年までに、英語のスコアを上げるために頑張って、初めてのTOEFLにも挑戦してみるつもりです。

春にもみんなにに会う予定なので、そこで成長した姿を見せたいなと思います。
         
20170810024625c49.jpg
ホストファミリー&友達と

20170810024628bdd.jpg
ホストファミリーと友達家族とのキャンプ

カナダに来ると、水を得た魚のようにイキイキとして、どんどんカナディアンに近づいて行っているAちゃん

現在、長年の夢だった、長期留学を実現させるべく、頑張っています

忙しい中、いつも感想文を送ってくれて、ありがとう

とっても嬉しいです

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック