FC2ブログ

17歳のAちゃん 高校留学を終えて 後編

前回のブログで紹介させていただいた、17歳のAちゃんの高校留学を終えてのブログ

いよいよ、最後のブログです

           
また、私は学校外でもボランティアなどをしました。

夏休みには子供が集まるデイケアセンターでのボランティアをしました。

私は3年くらい前から短期留学をしていた時にここでボランティアをしていました。

昔から小さな子供が大好きだったのですが、言葉が話すことのできないくらいの小さな子供とコミニュケーションを取るのはとても難しく、苦戦しましたが他の働いている大人の方々にたくさんのことを教えてもらうことができたので良い経験になりました。

このように私は442日という短い時間ではありましたが自分なりにすごく有効てきに使うことができたと思います。

この留学は私の視野を広げ、行く前はただグローバルな人間になりたいと思っていた私に明確な夢を与えてくれました。

いざ自分の心地のいい場所から飛び出してみると不安なことや大変なこともありましたが、それを乗り越えると世界はすごく広がり、たくさんの人と出会うことができました。

この留学を通して私が得た一番大切なことは、たとえやりたくないことにでも一度は挑戦してみるということです。

誰もが、初めてのことに対して恐怖を覚えます。

しかし、やってみないと自分に合っているのか合っていないのかさえ分からないということを学びました。

最後に、この留学はたくさんの人に助けてもらいやっと実現できたものだと思います。両親はもちろん先生方、友達などたくさんの人に助けてもらいました。

感謝の気持ちを伝えるためにもこの経験を自分の力にして日本でももっともっと活躍したいなと思いました。
           
6E461B07-8A2A-47C8-9D34-51987C9AF017.jpeg
1年強、やり切った感がAちゃんの表情に出ていて、充実した留学生活だった様子が溢れ出ています

帰国直前に受けた、IELTSのテストの結果も、すごく良かったと報告が

楽しいことや大変なこと、辛いことなど、全ての経験を、今後の人生に活かしてもらえたらと思います


  インスタ始めました

まだまだ初心者ですが、良かったらフォローしてください

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです
スポンサーサイト



テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

17歳のAちゃん 高校留学を終えて 中編

前回のブログで紹介させていただいた、17歳のAちゃんの高校留学を終えてのブログ

今回は、中編を紹介させていただきます

         
学校生活は最初から最後までずっと充実していました。

たくさんの国の友達、大好きな英語、面白い授業にと毎日が本当に幸せでした。

私の学校は二学期制で私は1月から6月、9月から1月、そして1月から帰国まで合計3学期の授業を受けることができました。

私が受けたのは English 10(英語10), Drama10(演劇10), Math10(数学10), Art 10(芸術10), Socia 10(社会10), Chemistry 11(化学11), Career Life Education(キャリア学), Indigenous 12(先住民族学12), English 11(英語11), Psychology 12(心理学12), Philosophy 12(哲学12), Nutrition 12(栄養学12), Human Geography 12(人文地理学12)です。

私は出来るだけ日本にない教科や、英語をしっかり使う教科を取りたかったので自分でカウンセラーに交渉もしたりした結果すごく充実した学校生活を送ることができました。

特に英語のクラスではしっかりと予習復習をしないとついていけなくなったりとすごく大変でしたが確実に私の英語力がのびたと確信できました。

もともと私はコミュニケーションを取るくらいには問題がなかったのですが私の弱みであるリーディング、ライティング力がすごく上がりました。

週に2回は5パラグラフのエッセイを書くのでしっかりと英語力が上がりました。

また、日本にはないような科目がたくさんあり楽しんで取ることができました。

特に哲学ではたくさん考えたり、ディベートなど経験することができました。

特に私が好きだったディベートは『機械は考えられるのか』についてでした。

人間が作っているのだから人間を超えることはできないなどたくさんのリサーチをし、明確な数字を出しながらディベートをするのは学びが大きく視野を広げるのにはとてもいいものでした。

どの先生方も私が質問があると明確にいつでも答えてくれたので異国でも乗り越えられたのではないかなと思います。

また、インターナショナルの生徒で行く旅行などもあり、そこで違う学校の友達を作ることができたりと楽しかったです。

学校では2つの部活に入っていました。

インターナショナルクラブとリーダーシップクラブです。

インターナショナルクラブでは、新しく入ってくる留学生のお手伝いや、チューターなどをしました。

また週に二回あるミーティングではもっと仲を深めようと様々なゲームをしました。

日本のハンカチ落としなどもすることができ楽しかったし、そこでたくさんの友達と出会うことができました。

リーダーシップクラブは私の将来の夢を与えてくれた大切なクラブです。

リーダーシップとは何かということを習うのはもちろん、地域を巻き込む活動をしようということでたくさんのイベントを開催したり、ボランティアをしたりと様々な活動を通してたくさんのことを学ぶことができました。

特に私がリーダーを務めた「Metal health week」ではありのままの自分を大切にしようというモットーを掲げ一週間の間に positivity boxや禅ルーム、地域の動物保護センターとのタイアップなどたくさんのイベントをしました。

また、生徒800人の前で心を健康にするためには早い段階で気づくことが大切だということを学校全体で確認しました。

これを行うことによって、あなたは一人ではないということと、自分の大切さを生徒たちに改めて気づいてもらうことができました。

またこのグループは学校を超えて地域でも活動をしました。

小学校に行きメンタルヘルスとは何かなどを紙芝居風に紹介したり、募金活動などもしました。

この活動をきっかけに私はメンタルヘルスの大切さを世界中に広めるインフルエンサーになりたいなと考えています。

私はリーダーシップクラブでの活動を評価してもらいWEDAYというイベントに招待してもらいました。

そのイベントには192000人の生徒がドームに集まり若者が世界を変えるきっかけを与えてくれるイベントです。

私はそのイベントで私たちが未来を変えるということをきき、未来のリーダーになりたいなと思いました。

そして2020年3月20日にフリーザチルドレンジャパンが主催する、WEDAY が初めて日本に上陸するということを聞き、私はユースアンバサダーとしてステージで私の話をする予定でしたが、コロナウイルスのせいで中止となってしまったので、また来年も積極的に参加しようと考えています。
         
20190113130541e1b.jpeg
Aちゃんの通っていた学校で

2019120707123962f.jpeg
教室の中の様子です

201903101426180a6.jpeg
リーダーシップクラブで、Aちゃんの活躍が、フェイスブックやインスタグラムで紹介されたときのフェイスブックのページ

教育委員会の担当の方が、留学生活が始まって、まだそんなに経っていないのに、積極的に活動している姿勢を褒めてくれました

Aちゃんのブログは、次回に続きます


  インスタ始めました

まだまだ初心者ですが、良かったらフォローしてください

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

17歳のAちゃん 高校留学を終えて 前編

15か月弱、カナダに高校留学に来ていたAちゃん

Aちゃんのブログ(帰国編)はこちらから

帰国後、素敵な体験談を送ってくれたので、紹介させていただきます

        
私は2018年12月29日から2020年3月15日の442日間、カナダのラングレー地区に長期留学しました。

私は小学校2年生の頃から短期留学を繰り返していて、その時から高校での長期留学に強い憧れをずっと抱いていました。

小さい頃から両親が私に様々な英語教育を受けさせてくれたおかげもあり、昔から今まで英語が大好きで一度も嫌いになったことがありません。

実は、私はこの留学が決定する一年前、留学の話を両親に持ち出して、行くギリギリになり私の中学校の成績が足りないとなりいけなくなるという経験をしました。

自分の夢が自分のせいでなくなるは本当に悲しく、自分の過去の行動に後悔をたくさんしました。

そのこともあり、私はグローバルコースにこのままいて、カナダ三ヶ月留学を全力で楽しもうと決めていたのですが、一年間きっちりと単位を取る留学をしたい。という気持ちはすごく強く、また両親に相談しました。

すると、また成績の話になり、最後の期末テストで頑張ればギリギリ行くことができる。と高校一年生の担任の先生に言われたので今まで勉強したことのないくらい必死に頑張りました。

たくさんの先生方に教えてもらいなんとかクリアし、留学が決まった時、私は本当に嬉しかったです。

それと同時にすごく寂しい気持ちになったことを覚えています。

私はもともと母に頼りっきりな性格で、自分で洗濯物、料理何一つしたことがありませんでした。

だから本当に大丈夫なのか。と心配でしたが、やらないで後悔するよりもやってから後悔する方が何百倍もいいと思い、留学を決意しました。

私はホストファミリーがもともと友達だったこともありすごくスムーズに何もかもが進み、最初の一ヶ月とても楽しかったです。

新しい環境に友達に周りが全てキラキラしていました。

休みの日にはたくさんのところに連れて行ってもらいました。

しかし、ホストファミリーとはずっといい関係ではなくすごく距離が近かったこともありたくさん辛いことがありました。

その時は日本のクラスメイトがカナダ3ヶ月留学していたので本当に私が一人で留学してよかったのかなどたくさん考えることがありました。

しかし、その度に私にはたくさんの優しい友達がいたので本当に心の支えになりました。

たくさん悩み考えた結果私はホストチェンジすることを決めました。

ホストシスターとは同じ学校なので気まずくならないかなどたくさん考えましたが今から考えるとホストチェンジをしてよかったなと思います。

なぜなら次に出会ったファミリーが大好きだからです。

今のホストファミリーはブラジルからの移民でホストブラザーが私と同い年で一人ブラジルにいることもあり私の気持ちをすごく理解してくれるので話すだけで気持ちが楽になったり、お国柄ということもあり、ずっと家がガヤガヤとしていて楽しいです。

こんないいホストファミリーと出会えたことを感謝しないといけないし、また、以前ステイしていたホストファミリーにも何度も支えてもらったり助けてもらったので本当に感謝しないといけないなと思いました。
        

Aちゃんの感想文で、最初、成績が足りず、留学を断念したとありますが、こちらは、Aちゃんが、中学では、特待生クラスに入っていて、カナダで単位をとって、留年無しで留学すると、日本の学校で単位が足りなくなるということです。

カナダの学校に留学するための成績は十分にありました。

20190305075630f5a.jpeg
Aちゃん、高校留学がスタートして数か月の頃

2019031014005536d.jpeg
最初のホストファミリーと

D21BE570-C0D9-4127-B694-A6879C367916.jpeg
ホストチェンジした後のファミリーと

Aちゃんは、小学生の時からホームステイをしていて、振り返ると、本当にたくさんのホストファミリー宅でステイをしてきています

小学校の頃から、Aちゃんと接していて、英語だけでなく、コミュニケーション能力がどんどん上がっている様子を、間近で見ることができました

ホームステイ先では、楽しいことだけでなく、大変なこと、辛いと感じることもあります。

そんな中で、Aちゃんなりに、相手のことを考えながら乗り越えてきて、今の、キラキラが溢れ出るようなAちゃんになったのだと思います

Aちゃんの高校留学の感想文は次回に続きます

  インスタ始めました

まだまだ初心者ですが、良かったらフォローしてください

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです

中学2年生Rちゃん 夏の留学の感想文

この夏に、お友達同士で、夏の留学に来てくれた、中学2年生のRちゃん

Rちゃん 教師宅でのホームステイ前編はこちらから

Rちゃん 教師宅ホームステイ 後編はこちらから

留学の感想文を送ってくれたので、ご紹介させていただきます

            
そのこさんへ

そのこさん、クリスさん、とても楽しい時間をありがとうございました。

私は英語があまりできないので、その不安もあったし、初めての海外で、どんな感じかなとドキドキとワクワクの両方で出発しましたが、毎日美味しいご飯を作ってもらって色んな体験をさせてもらっているうちに、緊張もほぐれていきました。

末っ子〜っていう感じの可愛いカイカイと、興奮するとすごくよく喋ってくれる、楽しいヒロ君と遊んだ時間も本当に楽しかったです。

2軒目のホストファミリーに移ってすぐに、ヒロ君達と一緒に行ったプールに連れてってもらったのですが、その時にはヒロ君やカイカイいないかな?って思わず探してしまったくらいです。

また、ホストファザー、マザーにも、とても感謝しています。

たくさん気にかけて親切にしてもらいましたが、中でもある日のディナーで、日本食を出してくれた時はビックリしたけど本当に嬉しかったです。

私も持って行ったインスタント味噌汁をみんなに食べてもらいました。

ホストシスターは、とにかくたくさん話してくれる子だったので、緊張する事なく過ごせたし、犬のココもたまらなく可愛いかったです!

今回の体験で、英語がもっとできるようになって冗談とかも言えるようになったら、もっと楽しいんだろうなと思いました。

あと、教科書で勉強した言い回しが通じた時は、嬉しかったです。

気候も良くて人も優しくて居心地が良くて、もっともっとカナダに居たかったし、帰国してまだ4,5日ですが、もうまたカナダに行きたいです!

ありがとうございました。
            

また、感想文を送っていただく際、お母さまからも、こんなメッセージを頂きました

そのこさん、

この度は大変お世話になりました。

娘から聞く滞在中の話はどれも「楽しかった!」という内容のものばかりでした。

「短かったけど、すごい色んな経験が出来た気がする。ありがとう。」という言葉をもらいました。

ご縁あってそのこさんにお願いでき、親子共に素敵な経験をさせていただけたことに改めて感謝です☆

201909281644187b9.jpeg
カナダ人ホームステイファミリーと

20190928164419822.jpeg
我が家の教師宅でのホームステイ中のキャンプと、最後に空港でRちゃんがセルフィーしてくれた写真です

感想文、帰国してすぐに、送ってくれたのですが、夏の留学生の紹介が長引いてしまったので、ご紹介させていただくのが遅くなってしまいました

Rちゃん、忙しい中、とっても素敵な感想文をありがとう

また、再会できる日を、楽しみにしているね

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

13歳のRちゃん 夏の留学 感想文

この夏、3年ぶりにカナダに戻ってきてくれた13歳のRちゃんが、夏の感想文を送ってくれました

Rちゃんのこの夏の留学ブログはこちらから

前回のブログの感想文 同様、ご紹介させていただくのが遅くなってしまって、ごめんなさい

学校生活や、宿題などで忙しい中、送ってくれてありがとう

         
2回目のカナダは、緊張よりワクワクの方が大きかったです。

空港や入国審査で私が一人でいると、外国の方から話しかけられ、サマーキャンプに行くことを話すと、「すごいね、がんばって」っと声をかけてくれました。

スーツケースが重く、ターンテーブルから取れなくて困っていると、カナダの方が助けてくれました。

カナダでは、公園で映画を観たり、海辺での誕生パーティーに参加、新聞配達も手伝いました。

サマーキャンプでクッキーを焼き、公園にいる人達にプレゼントをしました。

皆、とても喜んでくれ、うれしかったです。

毎日、初めての経験の連続でした。

サマーキャンプでロシア、中国、韓国、フィリピン、の友達ができました。

カナダにいると色々な国籍の人と出会うことができ、自分たちの国について沢山、話をしました。

日本にいると海外は遠くに感じますが、カナダでは世界を身近に感じることができました。

ステイ先のファミリーはとても優しく、毎日笑顔で過ごすことができました。

ただ、パクチーだけは、最後まで食べることができませんでした。

日本は蒸し暑くクーラーがないと、過ごせません。

カナダに戻りたいです。
         

201808271147044f2.jpeg

201808271147057b9.jpeg

3年前は、同じ英会話学校に通う友達と、そのお母様とカナダに来てくれたRちゃん。

当時は、初めての留学で、ホームシックにかかってしまい、最初の1週間は、涙が止まらなかったRちゃんですが、後半1週間は、人が変わったように、ホームシックを乗り越え、元気にカナダを満喫して、日本に帰国しました。

そして、3年たったこの夏、今度は、何の不安もなく、とにかくカナダに戻ってくることができたことがうれしいと、ホームステイとサマーキャンプに参加していたRちゃん

今では、カナダは天国と話していてカナダ愛の止まらないRちゃん

この夏、笑顔と自信にあふれた、素敵な中学生になって、再会できたことを、とてもうれしく思います

お問い合わせ先
sonoko@maple-road.com

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

クリックしてもらえると嬉しいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント