韓国人の英語教育

最近WBC、フィギュア世界選手権と日本 VS 韓国が
カナダでも注目されています。 

その韓国ですがこっちに来て英語教育への熱心さに
とても驚かされました。 日本でも親子留学とか最近は
よく聞きますが、韓国人はその「親子留学」が半端じゃないのです。 

たとえばクリスの両親の家の向かいに住んでいる
韓国人家族は旦那さんは韓国で大学教授をしていて、
普段は奥さんと12歳の子供2人でカナダに住んでいるんです。
家まで買っていて韓国に帰る予定は未定とのこと。 
奥さんは家族も友達もみんな韓国にいるので、
韓国に戻りたそうでしたが、子供の教育のために最低でも
中学校はカナダで通うとのこと。 ちなみに旦那さんは
大学の夏・冬休みの間しかカナダに来られないそうです。 
しかも、この旦那さんはアメリカやカナダでも大学教授の経験があり
とても英語が流暢なのですが、奥さんはそうでもないので大変なはず。

以前、台北発の飛行機で隣になった男性も家族に会いに
カナダに行くと言っていました。(この人は韓国人ではありませんが) 

韓国には長期留学(これがほんとに長期なんです)のために
旦那さんを韓国に残し、残りの家族はカナダに住むというケースが
結構あるらしく、とても驚きました。!
韓国の教育に対する熱意はよく聞きますがここまでとは。。


フィギュアスケート、ロスと時差もないのに生中継されませんでした。
カナダのパトリック・チャンやジェニファー・ロシェットが
銀メダルだというのに。。 
真央ちゃん、完全復活をここバンクーバーで待っています!
スポンサーサイト
プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック