親子留学 エージェント

以前、ブログで紹介した、愛知県出身の親子留学のファミリー。
以前の記事はこちらから

1歳と4歳の子供はプレスクール、デイケアに通い、お母さんは
英語の資格取得のため、フルタイムで語学学校に通われていて、
なかなか時間も合わないので、直接会ったのは2-3度で、
メールもたまーにやり取りする程度でした。

彼女も、以前、何度か私のブログに登場していた、
“親子留学のHちゃん”と同じエージェントを通して
小さい子供2人を連れてカナダに来ていた方です。

ごくたまにしかやり取りをしていなかったのですが、
彼女のカナダでの生活がうまくいっていないことは
最初からすぐに伝わりました。

ステイ先での問題、通っている学校では最初に目的としていた
資格が取れないなど、エージェントが原因で起きる問題、
また、フルタイムで学校に通っているため、生活にゆとりがなく、
カナダでの生活をエンジョイする余裕がないなど、
9ヶ月という長期間でカナダに留学に来たのに、いつしか、
カナダでのステイは夢をかなえるというゴールから、
帰国する日を待つことが目標になってしまったのでは?と
思えるほどでした。

そんな彼女から先日連絡があり、
帰国日を早めることにしたとこのとでした。

最初から最後までトラブル続きだった親子留学。
サポートをするはずのエージェントが
彼女の帰国を早めたことは、目に見えています。
もちろんエージェントだけが原因ではありません。
それでも見知らぬ土地で、小さい子供を連れての親子留学。
「信頼ときめ細かなサポート」を売りにしていた個人エージェントを
信頼して、多額の金額を使っての親子留学だったのに、
こんな結果に終わってしまったことを、とても残念に思います。

ある程度、旅慣れた人でも小さい子供を連れて海外で
滞在することは、不安もあり、とても勇気のいることだと思います。

そんな不安を取り除き、見知らぬ土地でも安心して
暮らしてもらえるようなサポートができる
親子留学&ホームステイを目指そうと
2010年を迎えながら思いました。

スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

これに関しては、語りつくせない思いがあるのだけど・・・

>サポートをするはずのエージェントが
彼女の帰国を早めたことは、目に見えています

残念ながら、本当にそうだよね・・・・
けど、私も、そのちゃんやのりちゃんに出会っていなかったら、同じような結果になっていたかもしれないと思うと、帰国した今でも支えてくれた2人との出会いに感謝してるよ。

人間だし、文化も違うし、間違いや失敗はあっても仕方ないと思うんだけど、一番足りなかったのは、誠実さ・・かなあ。
二度とあのエージェントにコンタクトを取ることはないだろうな。。。
まあ、我が家は少なくとも目的は果たせたし、結果オーライで留学生活自体には大満足してるんだけどね。。後味が悪かったな。。。

今後はそのちゃん、期待してるよ~!!

お返事

ヒロちゃん
私も慣れない地でヒロちゃんやのりちゃんに会えて
こちらこそ助けてもらったよ~☆
ほんと、絶妙なタイミングで出会ったよね♪
でも、ヒロちゃんはエージェントなんて関係なく、独立していて
ウィスラーやキャピラノへ高速飛ばして
毎週末忙しくしていたからほんと、尊敬だよー。
ほんといろいろ大変なこともいっぱいだったと思うけど、
ヒロちゃん親子の親子留学は大成功だよね。
あの2人のキッズのバイリンガルぶりを見たら
ほんと目的は果たしたって感じだよね!

そうそう、ベースメントとうとう着工したよ!
夏までには完成させておくからね~☆

No title

私もヒロちゃん、そのちゃんと出会えて嬉しかったよ!
ヒロちゃんの親子留学は山あり谷ありだったけど、結局自分で全て解決してしまって頼もしい限りだったな。
未だにサーレー、しかも家の周りまでしか運転できない私に比べて、じゃんじゃんハイウェイのって遠出するヒロちゃん、尊敬よ!

そしてそのちゃんもエージェントとして十分にやっていける資質を持っていて、ヒロちゃんへのアドバイスも的確だったし色んなキッズのプログラムの情報収集に積極的で、ほんと感心しっぱなしだったよ。

またチーム32が集合出来る日を楽しみにしてるね☆

お返事

のりちゃん

ほんと、ヒロちゃんの子供への愛情が
あの親子留学を成功させたって感じだったよね。
それにしても「的確なアドバイス」ってあったっけ??
中華のお店で日本語で注文するヒロちゃんに
「日本語じゃ通じないよー」ってアドバイス(?)したかも(笑)

キッズプログラムの情報収集、最近サボりがちだから
また再開しなきゃ!!

ほんと、チーム32で再会したいね~。
来年はチーム33に変える??

No title

>中華のお店で日本語で注文するヒロちゃんに
「日本語じゃ通じないよー」ってアドバイス(?)したかも(笑)

あはは~、そんなこともあったね~!

>来年はチーム33に変える??

いやいや、もう私たち永遠に32だから!(笑)

お返事

のりちゃん
あはは。 永遠に32ね☆
了解(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック