ホストファミリー2

先日、今、カナダで親子留学をされている方たちの
ホストファミリーを紹介しました。
以前の記事はこちらから

このホストファミリーに出会うまでに
何件かのホストファミリー希望者に会いに行ってきましたが、
その中でとんでもないホストファミリー希望宅がありました

ネットで捜し、ホストファミリーの実績30年以上とあり、
アップされていた家の写真もとても素敵なものだったので、
コンタクトを取り、電話で話をしました。 
ホストファザーとマザー両方と話をし、
とてもフレンドリーな方たちだったので、かなりの好感触をもち、
数日中に会いに行きたいとお願いしました。

今思えば、その時、一瞬返事に間があったような気もします。
それでも、快くOKしてくれ、「今はマザーが腕を怪我していて、
部屋の掃除が全然できていないの。
でも受け入れは1ヶ月以上先だから、心配しないで。」とのことでした。
1ヶ月くらい、掃除がされていないことなんて
たいしたことではないと思いながら、アポイントをいれ、
週末だったので、クリスも一緒に行きました。

雨の日だったのですが、家について一歩足を踏み入れると、
電気がついていなく、とても暗い印象を持ちました
それでもファザーに挨拶をして、リビングに行くと、そこは足の
踏み場もないほど、物が積まれており完全に物置となっていました。
そこを通り、キッチンに行くと3匹いるという猫が
テーブルに置いてある食品や食器にお構いなく
寝ていたり、歩き回っていたり。。 
そして大きな犬もいて、病気で床に寝ていました。

家の手入れがされていなく、全ての部屋が
物だらけというだけではなく、衛生上に問題がありすぎます。

マザーにも挨拶をし、ファザーとクリスと4人で雑談をしたのですが
少しして気づいたのが、二人とも精神的に病んでいるということでした。

そして驚くべきことに、
この家に今15歳の日本人の男の子がホームステイしているとのこと

ホームステイを斡旋した業者は
このファミリーの現状を分かっているのでしょうか。
そして、この15歳の男の子の親がこの状況をみたら
ショックで言葉もないと思います。

5年前に病気をされ、ホストファミリーを一時中断していたけれど
最近また再開されたとのこと。
病気をされる前のこのファミリーの評判は良かったのだと思います。
その実績だけで、留学業者や語学学校は彼らのことを信頼して、
実際にファミリー宅をチェックすることなく、
学生を送り込んでいるのです。

ウェブサイトには昔、撮られた素敵な写真が使われていたので
実際に訪れないと、この現状を知ることは不可能です。
ホストマザーは現在ホームステイ中の15歳の男の子は
ここで一切食事を取らず、ファーストフードばかり行って、
部屋に閉じこもってばかりだと不満を漏らしていました。
もし、私がこのファミリーの家にステイしなくては
いけない状況になったら、同じことをすると思います。

私はバックパッカーでタイやベトナムなどを旅行し、
現地人しか行かないようなレストランにも何度も行っていました。
より安い宿を求め、旅行をした経験も何度もあります。
そんな私が、ここまで驚いたのですから、相当なレベルです。

このファミリーには失礼のないように、
今回の学生が犬アレルギーだったからと言って断りましたが、
ホームステイ先は、必ず自分の目で見て決めようと心に誓いました。
スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

昔新聞でも悪質業者(?)の斡旋でホームステイしたら食事も出なくて日本から送られてきたお菓子で飢えをしのいだなんていう記事を読んだことがあります・・・。自分のホスト先がそんなところだったら怖いよね・・。その男の子はホストを変わる努力とかしないのかな?
ちなみに私ホストファミリー体験が30家族くらいありますが、やっぱり変な家もありました。ホストのお父さんとお母さんが喧嘩したらお母さんが部屋にこもって3日間出てこなくて食事も出なくなりホストを変えました。ひどく汚い家にあたったことはなかったけど、友達はそういう経験をしたこともあります。でも私達の場合は基本3日間で移動だったのでみんななんとか耐えていました。

お返事

Miyukiさん
その男の子は15歳で、滞在期間は2ヶ月くらいなのね。 私が行った時は、滞在期間の半分以上が過ぎていたから、もう我慢しちゃうんじゃないかな? 私がいた時は出かけていていなかったけど、ほんといたたまれなかったよ。 過去のファミリー歴をみたら良い家庭と判断されて、英語で15歳の男の子が説明してもただのわがままとしか受け取ってもらえないかもしれないよね。。
今回、ホストファミリーを探してみて、ほんとに良いファミリーは貴重だと思ったよー。

No title

すごい~。。。まさに、お化け屋敷だね。。
カナダにも色んな人がいるんだね、健康で善良な人ばかりじゃない・・・、当たり前かもしれないけど。。

エージェントに求められるもの、、親子留学ならなおさら、だね。そのちゃんの太鼓判があるファミリーなら安心だな~。よろしく☆

はじめまして♪

mixiのコミュより来ました。
私は独身のころバンクーバーに1年ほどいたこともあって
カナダは大好きです!
このたび、念願の親子留学を娘(小2)と短期ですることになり、
もうすぐアメリカへ出発です!
私的には、カナダがよかったのですが、娘の希望で
今回はアメリカユタ州のほうへ行きます。
いつかまた親子留学ができるなら、今度はバンクーバーや
その周辺でと考えております。
Sonokoさんのブログ、参考にさせてくださいね♪
名古屋出身というのもとっても親近感がありまして
ついコメントさせていただきました。

お返事

ヒロちゃん
ほんとに、想像を絶するよ。。 一歩足を踏み入れただけで、違う。。って感じるの。 ヒロちゃんがいうように、大人だけの留学だったら、何とでもなるけど、小さい子を連れていく親子留学となるとなおさらだよね。 ヒロちゃんのファミリーもいい所捜すから、早く日程決めてね(笑) 私も帰ったら、ファミリーに会いに行くの、楽しみだよ~☆

ももくまさん
こんにちは!遊びに来てくれてありがとうございます!!
ももくまさんのMixi、見せていただいたら、なんだか共通点がたくさんあってびっくりです!! 
もうすぐ、親子留学なんですね!! 楽しみですね!
ももくまさんの前にコメントをくれたヒロちゃんという方も、カナダで親子留学をしていた方なんですよ! 親子留学に感心のある方が増えてきてうれしいです☆
バンクーバーに住まれていたとのこと、過去の記事でオリンピックの様子なども書いていたので、良かったら見てみてください。懐かしいダウンタウンの写真等も載せています☆

Sonokoさんにとても感心!

ステイされる方のことを考えて、ちゃんと現場に足を運んで自分の目で確かめる姿勢を貫こうとするSonokoさんの行動力にとても感心しています。
あたりまえのことかもしれないけれど、自分も含めてそれができていない人がほとんどなのに、素晴らしいと思います。
まさにAt your side!
これもSonokoさんの今までの人生のいろいろなことが活かされている結果ですね。
尊敬します。

お返事

Rudyさん
今は、エージェント業務をはじめたばかりなので、いろいろと知るためにも、絶対に足を運んで、確認してから契約などを結んでいるけど、今後ずっと続けていけることになっても、この初心を忘れないようにしなくては!と思っています。
実は、B社で学んだ、いろいろなことがこのエージェント業務に役立っているんです!!CSの頃や、本社にいた頃受けた研修や、朝礼での話とか。 当時はあまり気にしていなかったけれど、結構身になっていたんだな~と驚きです(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック