アフガニスタンからのボランティア

以前もブログで書きましたが、
週に2回、移民のための母親教室に通っています。
以前の記事はこちらから

そこは非営利団体の組織で、この母親教室以外にも
語学学校などもあり、カナダに移住した移民が
スムーズに生活ができるためのサポートをしています

今回、この母親教室を申し込むときに、
もう1つ別のプログラムも紹介されました。
それはカナダに来たばかりで、友達がいなかったり、英語を話す
友達がいない、一緒に買い物にいったり、お茶したりできる相手が
ほしいな~という人がこのプログラムに申し込みをすると、
ボランティアに登録している人の中から、
担当者がその人にあった人を紹介してくれるのです。 

私はもうカナダに来て1年経つし、申し込むつもりはなかったのですが
母親教室の担当者とこのプログラムの担当者が仲良しで、その人が、
「ちょうどいい相手がいるから申し込みなよ~」と勧めてくれたので
(お見合いみたい)、まぁ嫌ならやめればいいやという
軽い気持ちで申し込みました。

紹介してもらった相手は
アフガニスタン出身の20代前半の女性でした。
出身はアフガニスタンだけれど、子供の頃はインドで過ごし、
中学生のときにこちらに移住してきたそうです。
彼女はソーシャルワーカーになりたくて、大学に通う予定なのですが
大学の入学条件の1つにボランティアを100時間以上していること
という項目があり、その条件を果たすために
このボランティアに登録したそうです。

うちから10分くらいのところに住んでいるので、
お互いの予定が合うときに、うちに来てくれて、お茶したり、
私が夕飯の準備等をしているときはベビの相手をしながら、
恋愛(もうすぐ結婚予定なのです)、将来のこと、お互いの家族、
アフガニスタンについて、そして日本のことなどいろいろ話します。

20代前半なのに、とてもしっかりしていて、
アフガニスタン出身、子供の頃はインドで過ごし、その後、カナダへ
移住というバックグランドを持った彼女ならではの意見を聞くことが
できるのは、とても興味深いです。

姪や甥がいて、子供が大好きという彼女は、ヒロの心もすぐにキャッチ
し、いつも抱っこしたり遊んでくれるので、とても助かります
いつもうちに来てもらって申し訳ないな~と思うのですが、
彼女も大学入学条件のボランティア100時間をクリアするために、
時間が合えばうちに来たいと言ってくれるので、
まさに“give and take”の関係なのです

IMG_2473_convert_20100519042143.jpg
3月上旬の写真です
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児 - ジャンル : 育児

コメント

No title

さすが、多民族国家のカナダだね~、こんなボランティアあったんだ、すごいいいね、ちなみに、短期滞在だと利用できないのかな??

色んな国や文化、考え方があって、それぞれ違ってて・・
日本の田舎に住んでると考えとかかなり偏ってしまってたんだなあって、外に出て初めて気づいたというか。。

お返事

そうなの、かなり驚きなプログラムだよね。 この組織は移民のためのだから、短期滞在だと無理だろうね~。。 多分永住ビザを持ってないとダメかも。 
私も高校のときに初めてアメリカに行って、それまでの価値観を覆させられたよー。 良い、悪いは別として、日本は島国で、単一民族だからどうしても考え方が狭くなるよね。 日本の常識は世界の非常識なんて本もあったくらいだし。

No title

カナダはいろんな国の人が移民できてたりするんですよね~♪
そういうボランティアがあるとは、知りませんでした。
いろんな国の人と交流を深めれていいですよね★
アフガニスタンの人、ヒロくんとも仲良しでいいですね~♪
よさそうな人だし、お互い助け合えるのもいいですね♪
いいな~~^^

お返事

ももくまさん
そうなんですよ~、まさに移民の国 カナダです☆ バイリンガルなんて当たり前だし、トリリンガルとかも結構普通のようです! 英語ができて当たり前!という考えもそこまでないので、移民には暮らしやすい国です。 ボランティアや大人になってから大学に行ったり、大学院に行って学びなおしたりする人が多いのも日本と違いますよね。 ももくまさんの小学校での英語ボランティアもがんばってください!!

No title

いいな~。私は日本で外国人のサポートしたいわ。(すでにやっている?)日本でも市などの公の機関が組織的にやってくれたらいいのになー。こちらにもボランティア団体はたくさんありますが信頼できるかどうかの見極めがイマイチ難しいため結局個人活動になってしまいます。

お返事

Miyukiさん
Miyukiさんは既に十分やってるよ~☆ カナダはボランティア活動を経歴としてみなしてくれるから、みんないろいろやってるみたい。 私はお世話になってますー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック