カナダでのショッピング2

前回のカナダでのショッピング1の続きです。
前回のブログはこちらから 

カナダで広告に出ているお目当ての品が売り切れのとき、
たいていのお店では後日、品物を入荷したら、セールが
終わっていても、セールのときと同じ値段で売ってくれる
「rain check」という券を発行してくれます

ただ、クリアランスセールのとき、また「在庫がある限り」の
セールのときは「rain check」を発行してもらえません。

レジやカスタマーサービスでレインチェックが
可能か聞いてみるといいと思います。 

また、カナダの店員さんはたとえ、レジが混んで
行列ができていても、お客さんと平気で会話をします
お客さんを大事にしているのか、行列ができていても全く気に
していないのかは分かりませんが、これを見ていると、カナダでは
「カイゼン」と言う言葉は生まれないだろうな~って思います

また、日本では「お客様はかみさま」とも言われますが、
カナダではそんなことはありません。
お店の人もお客さまも結構、対等です。

お客さんでも、何かしてもらえば、「ありがとう」と言い
お願いをするときは、依頼の文章で頼みます。
レジでは「Hi, how are you ?」と聞かれるので、
笑顔で「Good . How are you? 」とこたえてください。 

また、品物を渡されれば「Thank you.」とお礼を伝え、
「Have a good day.」と言われれば「Thank you. You too.」と
言い、その場を去るのが通常です 

以前、親子留学でカナダにいたHちゃんは、
レジで話しかけられるのが苦手で、すっかりバイリンガルになった
5歳の子供にこのやり取りをやってもらっていたそうです

レジでの会話は、ある程度決まっているので、慣れれば
流暢にサラッと会話のキャッチボールができるようになります

IMG_2834_convert_20100719134344.jpg Untitled1_convert_20100720043042.jpg
週末、友達家族と行ったホワイトロックのビーチで
バンクーバー、過ごしやすい夏が続いています

スポンサーサイト

テーマ : カナダ - ジャンル : 海外情報

コメント

No title

お店の人もお客さんも対等に接してますよね。
その分、お客さんが商品について聞くまでは
お店の人は寄ってこないし、選びやすいし、
気楽にショッピングできますよね♪
レジの人との会話も楽しいですよね♪ 
あ~♪ カナダに早く行きたいです!

お返事

確かにそうですよね。
慣れるとカナダのほうが楽かも♪
店員さんもフレンドリーだし☆
カナダ、来てください~(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック