カナダでの親子留学 (感想文)

11日間の親子留学を終えて、日本に帰国された
YさんとMちゃんから、今回の感想文を送っていただきました
了承を頂いたので、アップさせていただきます

【中学1年生のMちゃんの感想文】
カナダのホームステイで、
私が特に楽しかった事は、ショッピングと
キャピラノ吊り橋、カヤック体験、そして学校です。
ショッピングは、日本では見かけない
キャンディーショップや雑貨屋さんに行きました。

ファストフード店での注文にも挑戦しました。
キャピラノの吊り橋は、おおぜい人が歩くたびに揺れるので、
少しこわかったけど、慣れてきたらそれがおもしろかったです。

サンセット・チョコフォンデュ・ツアーは、
チョコフォンデュがメインのつもりで参加したけど、
カヤック体験がメインと気付き、急に不安になりました。
カヤックを自力でこぐ距離が思った以上に長くて、
途中で手が痛くなったけど、乗りこんでしまったら
どんどん進んで、おもしろくなりました。

語学学校のKGICは週に1度のスポーツデイに、
チーム対抗でゲームをしたり映画が見れたりと、
イベントがいっぱいあって、もう1週間いてもあきないなあ・・・
と思いました。

学校に通ううちに、他のクラスメイトにも自分から
声をかけられるようになり、韓国人のお友達もできました。

ほんとうに、いい経験ができたなあと思いました。

【お母さん Yさんの感想文】

今回のホームステイは、
思いがけず友人から紹介された話でした。
以前からホームステイに興味はあったものの、
知らない土地で知らない方のお宅に、
娘一人を預けることに不安がありました。

しかし、そんな気持ちを払拭したのが、
親子留学のエージェント!そのこさんの存在でした。
語学学校のプランを基準に、次々と無理のない
楽しいアクティブプランも提案してくれました。

そんな彼女の人柄も手伝って、すっかりプラス思考になって
しまった私は、おまけ程度のベビーシッターをかって
でたうえに、彼女の家をホームステイ先にさせて頂きました。
のちにこのことが私たち親子にとって、
非常にありがたいことだったときづかされました。

娘は時差ぼけもあったため、
到着日が木曜日だったことが幸いしました。
翌日からのアウトドアでのブルーベリーピッキングや
市内観光で、徐々に海外にいるという自覚が出てきました。

特に語学学校登校日が近付くににつれ、
娘は緊張し神経質になっていました。

そんな時、そのこさんとクリスさんはさりげなく、
簡単な英単語や話し方で娘とコミュニケーションをとってくれました。
いわゆるプライベートレッスンです!
しかもダブルティーチャーです!!

そのおかげで、当日、笑顔で帰宅してきた娘をみることとなりました。
ほんとうに感謝しています。

普段のおかいものでも、注文~支払いまでの実践を
一緒にさせてくれたり、隣人やご家族との
コミュニケーションの場を意識的に作ってくれたおかげで、
今回の滞在中にかなり大勢の方々とお知り合いになれ、
なんだかすっかり昔から知っている仲間に
なったような満足感を感じました。
 
これもみな、クリスさん、そのこさんのご配慮のおかげと思います。

今回、子供の経験値を上げるという目的で決めた計画でした。
10日間の滞在でしたが、やっと慣れた、
というところでの帰国となりました。
やはりもう少し長く、少なくとも1ケ月位いられれば、
語学学校においても更に学べる部分が多くなったのでは
なかったかと思います。

私たち親子にとって、カナダ・バンクーバーでの楽しい日々は
なにものにもかえがたい、一生の思い出になりました。
ほんとうにありがとうございました。

以上です。
とても素敵な感想文を送っていただいて。。
本当にありがとうございました
私たちも、とても楽しかったです
スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック