カナダでの妊婦生活

妊娠生活も7ヶ月目に入りました
前回は7ヶ月に入る前にカナダに移住したのですが
今回は、最初からカナダで妊婦体験しています。 

前回も何度かブログでアップしましたが、
今回もカナダでの妊婦生活について、お伝えしたいと思います
(病院・ドクターによっても方針が違うと思うので、
あくまで私の場合ですが。。)

・妊娠が発覚してから今まで、病院に通う頻度は月に1回です
日本では、妊娠初期は2週間に1回、
カナダに移住する前も2週間に1回通っていたと記憶しています。
(ちなみに、こちらでも8ヶ月に入ってからは
2週間に一度になると言われました)

・超音波検診は、順調な妊婦さんであれば、妊娠中期の1回のみです
そして、写真がほしい場合は、4枚セットで12ドルと言われました
(超音波検診は、必要な検査のため、医療費扱いで無料です)

日本では超音波検診は、もちろん毎回行い
写真どころかDVDまでついてきました。
(もちろん診療代に含まれているのでしょうが)

妊娠期間、たった1度の超音波検診、
性別も希望であればこの時チェックしてもらいます

妊婦さんとしては一大イベントですよね。 
でも超音波検診に行った時、最初に書類を渡されました。 
その一番上には、太字で
「超音波検診は楽しむためにやるものではありません。
必要な検査です。検査中はドクターにあれこれと
質問しないこと」とありました

検診中はモニター画面は一切、見せてもらえませんでした 
クリスも一緒に行ったのですが(ヒロも)、
本人以外、部屋には入れませんでした。 
20-30分ほどの検診が終わってから、クリスを呼びに行き
既に撮影した映像を、一緒に見せてもらいました 

その際、ほとんどの質問には答えてもらえません
これが手でこれが顔でという説明はしてもらえますが
赤ちゃんの状態、大きさ、性別など、全ては
ファミリードクター(担当医)にいき、ファミリードクターから
後日、説明を受けます。

そして、性別は21週を過ぎるまで教えてもらえません 
これは人種によっては、性別によっておろしてしまう
ケースがあるため、このような制度になったようです。

ちなみに、この検査の際に性別が判断できなく、後日、別途
性別を調べるための超音波検診を希望する場合は有料だそうです。
必要な検査ではなく、本人の希望のための検査だからです。
 
次回の妊婦生活レポでは、
私の妊娠中トラブル(?)についてアップしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

私も日本とオーストラリアで出産体験したけど、 全然違ってたわ!
またカナダともちょっと違うかな~

こっちでは超音波は2回だったよ (ごく初期と中期かな)
で、質問は全然OK だった

性別も知りたければ教えてくれたよ 
ここでも 高齢出産の人が多いからか ダウン症の検査も
必ずするのね

で、 そこでもしダウン症とわかったら、産むかおろすかの選択をせまられるんだけど、その前にカウンセリングを何回か受けるんだよ

日本での毎回超音波や 写真にDVDというのに慣れてると
こっちの検査がちょっと物足りない(?)ってかんじだけどね

あ、あと内診は生むまで1度もなかったわ。。。。

お返事

chikaちゃん
日本はいろいろと手厚いよね。
オーストラリアも出産は無料?? 医療費はどう?

超音波の質問はね、ファミリードクターになら質問OKなんだけど、その場ではだめだったわ~。 

カナダもダウン症についても同様みたい。 確か35歳以上だと受けるみたいだよ~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック