感動のお別れ

今回が初めての海外で、英語も苦手だと聞いていた
15歳のSくん。
Sくんの以前のブログはこちらから1
Sくんの以前のブログはこちらから2
Sくんの以前のブログはこちらから3

そのSくんが
3週間半の留学生活を終え、8月中旬に帰国しました。

Sくんには、会うたびに驚かされました。
現地の子ばかりが参加するサマーキャンプに楽しんで参加し
カナダ人のホストファミリーと、強い絆で繋がったSくん。

空港へ向かうために、ホストファミリーの家に
お迎えに行ったときの様子は、涙無しでは語れません

P1000613_convert_20120827085511.jpg
お迎えに行ったとき、ホストマザーが
Sくんは、本当に良いスチューデントだったと言ってくれました
Sくんに会いに行くと、いつもファザーもマザーも
そう言ってくれました

P1000616_convert_20120827085547.jpg
最後の“家族写真”です

この後、Sくんは、マザーとファザーからハグをされ
ブラザーの前を、じゃあと言って通り過ぎようとしました。
ブラザーも、最初は“じゃあな”といった感じだったのですが
通り過ぎようとしたSくんの手を引っ張り、
本当の“仲間”同士でやるような握手をし、ハグをしました。

なんだか映画のワンシーンのようで、私のほうが涙が出そうで
でも、このシーンを写真に撮ることができなかったことが残念で
写真を撮るからもう一度やってと言いたかったけれど
この感動シーンでそんな雰囲気を台無しにすることもいえず
2人のシスターとハグをするSくんを見ながら
この光景を、Sくんのご両親に見せたかったと思っていました。

こんな感動シーンを、ムービーで撮りそこねて、ごめんなさい

その後、私たちが車に乗り、出発するまで
5歳のホストシスターは
“I love you, S”と繰り返し、Sくんの名前をよんでいました。

車を出発させ、少ししてから下を向いていたSくんに
英語を勉強して、ファミリーに手紙を書いてねと言うと
Sくんは、泣きながら、頷いてくれました。
そして、空港に行くまでの30分以上、Sくんは泣いていました。

空港で、チェックインの行列に1時間以上待ったのですが
Sくんは、ファミリーとの思い出や、
キャンプで楽しかったことなどを話してくれました。

IMG_3112_convert_20120827085444.jpg
この日のSくんの服は、上下どちらもホストブラザーから
もらったものだそうです
他にも、着なくなった服や、ネクタイまでもらったそうです。
この服を着るとき、ファミリーや、カナダのことを
思い出してくれるんだろうなと思うと、私までうれしくなります

IMG_3114_convert_20120827085458.jpg
この“ロレックス”は、ホストファザーからもらったそうです

IMG_3111_convert_20120827085421.jpg
車の中では、空気をよんでか、とても静かだったヒロとカイ。
チェックインで待っているとき、団体の女の子たちに
かわいい~と取り囲まれ、2人ともデレデレでした

Sくんとファミリーとの別れを見たとき
Sくんは、またこのファミリーに会いにカナダに来ることが
あるだろうなと実感しました

そのときまでに、ぜひまた英語を勉強して、もう一回り
大きくなった姿をファミリーに見せてほしいと思いました
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

ブログ読んで、感動して泣いちゃったよ~☆
素敵なホストファミリーに出会えるのは、一生の財産だね☆

しかし、ロレックスとは、太っ腹~、羨ましい、笑。

ヒロくんと、カイくん、ほんとに可愛い~!!

No title

Sくんのお話を聞いて本当に感動しました!本当にいい体験が
できたし、Sくんとこのファミリーがとっても繋がっているなぁって
思いました。言葉だけではないなにか通じるものがあるんでしょうね。
すてきな事だと思います♪Sくんきっとカナダに戻ってきますね^^
ヒロくん、カイカイのこの顔!デレデレ感がまたかわいらしい!!

読んでいて私まで涙が出てしまいました。
この夏は、きっとS君自身と、S君の未来までにも影響する経験になったのではないですかね~(^O^)
園子さんのお仕事素敵ですね☆

お返事

ヒロちゃん
そうなの、本当に感動の場面に遭遇できて、大変なことも多いけど、こんな素敵な出会いの場を提供できるって、素敵だな~って思ったよ~。 ロレックスね、もちろん、本物ではないと思うけど、でもそれは誰にも分からないよね(笑) ヒロ、大きくなったでしょ☆ カナダにいたときのゆうせいくんより、大きいんだもんね。 びっくりだよ~。

お返事

ももくまさん
良いホストファミリー宅を探すのは、私の仕事の大きな一部ですが、それでも相性もあるので、簡単ではありません。 それでも、こんな感動のお別れがあると、涙が出てしまうけれど、とてもうれしいです! ヒロとカイは、まだデレデレになる前なんです(笑) 日本の人には、カイは女の子によく間違えられます~(笑)

お返事

かえるママさん
ありがとうございます~☆ Sくんにとって、この夏は、一生忘れられない思い出になったのではと思っています。 素敵なファミリーの中に、家族として受け入れられたSくん。 Sくんの優しさ、ファミリーに対する敬意などがあってこそ、こんな素敵な出会いとなったのだと思っています。 Nくんも、2年後はカナディアンファミリーで、大きく成長してほしいと思います~!!

No title

素敵なホストファミリーと出会えてよかったよね。ホント一生の宝物になる出会いだったのだと思います。自分が昔ホームステイしてたときのお別れのことを思い出してしまいました。
これをモチベーションに英語の勉強頑張れそうだよね。

お返事

Miyukiさん
そうなの、こんなに素敵な出会いになるなんて、想像以上だよ~! 間違いなく、この夏の一番の感動だったよ。 短期留学の一番の目的は、カナダを好きになって、今後のモチベーションをあげてもらうことだから、大成功かな☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック