夏の親子留学 お礼状のご紹介です

すっかり秋らしくなってきたバンクーバーですが
今日は、ノースリーブでも暑いほどでした

さて、この夏、11歳のKくんと、13歳のAちゃんと
約4週間の親子留学をされたお母さまから
お礼状を頂いたので、ご紹介させて頂きたいと思います
以前のご紹介ブログはこちらから

              
そのこさん&クリスさん、ひろくん&かいくん

お久しぶりです。
お礼のメールがおそくなりました。
バンクーバーでは本当にお世話になりました。

帰国した日から、時差ぼけと闘いながらの
夏休みの宿題の片づけ、新学期の準備も無事終わり、
子ども達も元気に日本の学校に戻りました。

Aは、昨日の英会話のネイティブスピーカーのクラスが
全然簡単で、自分のヒアリングが伸びたせいだと思うと
かなり強気の発言をしておりました!

1カ月のホームステイでヒアリングも伸びたようですが
スピーキングのアクセントにも気を付けるようになり
どのように話したらネイティブスピーカーの発音に
近くなるかを意識出来るようになりました。

中1から英語を始めて
中2でここまで学べれば上出来だと思います。

また、クリスさんにお願いした
夕方のプライベートレッスンも大変役にたったようです。

日本に帰ってきてから取りかかった
①地域の歴史や歴史上の人物の紹介レポート(英語)や
②夏休みの経験から学んだことのレポート(これも英語)を
サクサクと書きあげ、自分で仕上げていました。
(なぜ、クリスとやらなかったの?!と
私に叱責されましたが、思いつかなかったそうです。)

私が手伝ったのは
写真の拡大縮小とプリントアウトくらいでした。

このほかにもAは、絵画や色々なレポートや
漢字テスト勉強など、残った宿題が山のようにありまして(!)
帰国後1週間はすごい集中力で仕上げていました。
来年はこのようなことのないようにと釘をさしております。

さて、Kは、夏休みの自由研究をバンクーバーでの1カ月の
英語ジャーナルと決めておりましたので
帰国後、これもまたすごいスピードで仕上げました。
こちらは私も手伝いました。

日本の小学生は夏休みも宿題があったり
中学受験組のお友達は連日塾にいったり本当に大変ですよね。
そして親ががかりな事も多くて。。。

Kは英語を始めて6カ月でしたので、バンクーバーでは
会話のキャッチ―ルはまだまだでしたし、今回のジャーナルの
英文を作成するのも私の手伝いが必要でしたが
ホームステイ先で子ども達の言っていることや、キャンプで
聞かれることのヒアリングはなぜか出来るようでした。

Kはこれからどのように
英語を習得していくかは我が家の課題です。

少し出来るようになったヒアリングと
自分の言いたいことを伝えたいと感じた
モチベーションを、なんとかキープすべく
今はプライベートの会話レッスンを探しています。

次回バンクーバーに行くまでに、何とか会話の
キャッチボールが出来るまでにはしたいものです。

そして、この1カ月
1番楽しんだのは実は、「私」でした!

アメリカに数年いたから英語は大丈夫なんて思って
いましたが、言語は使わないと錆びると痛感しました。

2週間の語学学校で世界中から集まった
若い人たちから刺激をもらい、ホームステイ先に帰って
ホストマムや双子のかわいい子ども達と
毎日を過ごしているうちに、課題はまだまだありますが
なんとか英語の感は取り戻しました。

語学学校も終了した残りの2週間は
のんびりバンクーバーの夏をエンジョイしておりました。

そのこさんに紹介して頂いたホームステイ先が、本当に
私達の価値観とぴったりのお宅だったことが何よりでした。

ホストマムは社交的でおいしいもの好きで
人の行き来が絶えないなので、沢山のホームパーティー、
ガーデンパーティーに誘って頂き、1カ月の間で
ご近所3軒両隣りまで知り合いになりました。

いつも、ワイングラス片手に色々なお宅のデッキで
おしゃべりをしていました。
私も、巻きずし2回とそうめんを1回作って
ポットラックに参加しました。
そうめんは大好評でした。

また、マムのお気に入りのファームにも何度も行き
フレッシュフルーツやパイを買いに行ったり
子ども達とアメリカ国境を越えてコストコと
ターゲットに行き、お買いものしたり、野外映画、PNE、
Whitecapsのサッカーゲームにいったり、
ここでは書きつくせないほどの思い出が出来ました。

そのこさんと行った、フォートラングレーでの
アンティークショップ巡りが私の1番の思い出ですが!!!
何度、もう一度連れて行ってもらおうかと考えたことか、
でも帰りの荷物が増えては困ると思い(それも割れ物)、
ぐっと購買意欲を押さえたのでした。。。

語学学校からホームステイでおそらく、
この夏は100名以上の人と知り合いになりました。

普段専業主婦をしていて、お付き合いするのはママ友と
学校のPTAの方々といった狭い世界に暮らしている私には
本当に信じられない数の人にあったことになります。

ホストマムと全てをコーディネートして下さった
そのこさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

子ども達も沢山の方々にささえられて
素晴らしい体験をさせて頂きました。

AのホストファミリーのLisa, Brian, Miaには
とても大切にしていただいたようです。

ホームステイの代金を若干お支払いしているとは言え
それ以上の事をして頂いたようです。

水族館や、エアショー、PNE等、いろいろな
アクティビティーに連れて行っていただいて
充実していたようです。

お食事も滞在中に嫌いなものが全くなかった、
毎日おいしかったと言っていました。
本当に素晴らしいファミリーでした。

そのこさんの目は本当に間違いないと思います。
コーディネートのお仕事も日本人の目、
ママの目からしっかり考えて下さっていて
安心してお願い出来ると思います。

また、クリスさんのカナダ人の目、パパの目が加わり
メープルロードは成り立っているのだと思います。

そのこさんはスーパーマムですが
クリスさんもスーパーダッドだと思います。

サイエンスワールドで、ヒロくん、カイくん、Tくん
3人連れて偶然お会いしたときはびっくりしました。
日本人の男性であの年代の子ども3名連れて
公共の場に出かけるなんて絶対ありえへん!
(大阪弁@ゆかさん風)

そして、一度も怒ることなく
むしろ楽しんでいました(驚き!)

私はもう一度英語の勉強をしなおそうと一念発起しまして
10月のTOEIC受験を申し込みました!
娘に抜かされる日もそう遠くはないので、せめて同じレベルに
いられるようにこれからも勉強を続けようと思います。
毎日1時間は英語に触れることにしています。

また、Aは来年の夏も絶対カナダに戻るそうですので
来年は3週間の予定でどうぞよろしくお願いします。
(仮仮予約)
Aは再び単独ホームステイ、
YMCAなし(爆!)でおねがいします。

1年留学は今は考えられないそうです。
日本の学校生活&軽音生活が充実していて
1年も離れられないようです。
確かに今は数学が危機的状況ですので、
今は日本で数学の基礎を固める時期ですので。。。

今年の冬休みが2~3週間あるので、そこでまた行かせても
いいかと思っています(本人に未確認)

これはまた相談させて下さい。

Kも、また戻る気満々ですので、Kに関しては
未確定な部分も多い半面、選択が沢山あるので
こちらもじっくり要相談です。

そうそう、ナタリーとはメールで話したのですが
ナタリーの家のカギを渡しが持ってきてしまったので
来年また返しに行くことになっています!

私とKは来年もナタリーのお宅が
やっぱりいいなと思っています。

それでは、長くなりましたが色々ありがとうございました。

そして、今後ともよろしくお願いします。
              
とても素敵なメールを、本当にありがとうございました
私たちのことも、とても素敵に書いていただき
とても恐縮です。。

全然、スーパーマムでもスーパーダッドでもなく
日々、2人のボーイズに振り回されている私たちです

また、お会いできることを
私たち家族も、今から楽しみにしています
スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

大満足の感想文ですね~
Aちゃん、うちのYくんと同じ学年なのですね。
Yくんも英語を勉強始めたのは小2で、遅い??今の時代、中2ならまーまーそこそこですが、東京オリンピックで英語でも対応できるボランティアに参加できるように、お互いがんばりましょうね!!
ママも一緒に勉強されているのは、すばらしい!
私も子供と一緒に勉強派なので、嬉しい~

Yくん、今でもカナダのプールの話をします・・・行きたいって~

お返事

Yu・Taiママさん
そうですよね、日本は、東京オリンピックという、国際舞台が待っていますよね☆ 私が名古屋にいた、2005年は、愛・地球博が開かれ、名古屋はまるで宝くじにあたったように、インターナショナルな仕事が降って湧いていました。 オリンピックに関わる仕事ができるなんて、めったに無いし、楽しみですよね! 
Yくん、カナダのプールを今でも懐かしがってくれているんですね! うれしいです☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック