夏の留学 9歳のSくん お母さまからの感想文

前回、この夏、4週間のプランで
ホームステイに来てくれた9歳のSくんからの体験談を
ご紹介させて頂きましたが、今回は、お母さまからの
感想文をご紹介させていただきたいと思います

             
Sがとても充実した日々を過ごしたようで
うれしく思います。

言うことを聞いてくれない二人のお兄さんになったことは
良い経験だったと思います。

最初はうまくいかなかったようですが、徐々に
接し方を覚え、最後の方は寝る前に絵本を読み聞かせたり
あいさつのマナーなどを教えることまでできたようです。

成長を感じるとともに、ホストファミリーの中に溶け込み
家族の一員として過ごすことができたのかなと思います。

ホストファミリーの家のご近所に
たくさんの子どもたちがいたことも良かったと思います。

ご近所を行ったり来たりしていろんな外国人の
子どもたちと接し、また違った交流ができたと思います。

既に、帰国する前の段階で、「今度はもっと長く来たい!
いいでしょ?」と話していました。

これまで自分から「行きたい!」と
強く言ったことはありませんでした。

それほど今回の短期留学は、本人にとっても充実し
心に残るものとなったようです。

今回、私も最後の1週間はバンクーバーのホテルに
滞在して観光し、2日ほど一緒にオプショナルツアーに
参加させていただきました。

Sは比較的おしゃべりな子ですが、オプショナルツアーで
久しぶりに会ったときは、バンクーバーでの生活の話が
どんどん出てきて、さらにまたおしゃべりになっていました。

よほどステイ先での生活が楽しいのだなと感じました。

オプショナルツアーはご主人のクリスさんに
連れて行ってもらいましたが、Sの他、
英語の話せない私、そしてヒロくんを連れてと
とても大変だったのではないかと思います。
感謝しています。

おいしいお店にも行って、スタンレーパークを
サイクリングしたのが最高の思い出です。

Sはだいぶ英会話が上手になったようですが、私はこれから
Sに教えてもらいながら(笑)、英語を勉強していきたいと
新たな目標ができたかなと思います。

もっとも、もっと英語を話せたら
もっと満喫できたかもしれないと思う反面、
英語を話せなくても(かなり中学英語を駆使しましたが)
ものすごく楽しい時間を過ごせました。

バンクーバーの人たちは優しいです。

バス停でバスを待っている間に話しかけてくれた男性が
教えてくれなかったら、私は平日しか来ないバスを
土曜日にずっと待ち続けることになったでしょう(笑)

それに「これあげる、そこで拾ったから。
自分はデイパスを持ってるし。」と
バスチケットまでくれました。

その行動がとても自然で、かっこよかった!

またSは来るつもりでいるようですし、私も
またいつか便乗してこれたらいいなと思っています。

Sはそのこさんのことが大好きなようで
「冬にステイした時より、そのこさんに会えなかった!」と
帰りの飛行機で話していました。

「そのこさんは夏休みはたくさんの留学生がいるし忙しいの、
独り占めできないんだよ。
Sはステイ先で十分楽しんでたんだからそのこさんに
来てもらわなくても大丈夫でしょ?」と話したら
「えー!だって楽しんでても、そのこさんが来てくれたら
もっと楽しくなるんだもん!だから、来てほしいの!!」と
言ってました(笑)

そういえば、カナダへ行く前に
「そのこさん、またファミリーのうちに何回か来るかな?」と
言ってて、「う~ん、そうかもしれないね」とは
答えたと思うのですが、Sがカナダへ行くのは
そのこさんに会えるというのも大きいのかもしれないです。

そのこさん、
これからもどうぞSのことをよろしくお願いします!
             

080501_convert_20130808032522.jpg
ホストブラザーとホストファザーと川で

IMG_9536_convert_20130917123802.jpg
オプショナルツアーで
スタンレーパークへサイクリング

Sくんが、そんなに私に会いたがってくれていたなんて
基本的に、私はトラブルもなく、順調にカナダステイが
進んでいるクライアントさんのところには
必要以上に行かないようにしています

Sくんには、サマーキャンプでも会っていたし、今回
冬に続いて2度目のバンクーバーでのホームステイです
私自身、Sくんのことも、知っていて、語学も問題なく
ホストマザーからも、いつも楽しそうにしているSくんの
写真を送ってもらっていたので
安心して遠くから見守るスタンスを取っていました

ステイが順調に進んでいるのに、私が会いに行き過ぎると
ホストファミリーから信頼されていないと思われてしまうし
ホストファミリーと楽しく過ごしている時間を
意味もなく、私が邪魔しては、短期のステイが
もったいないという思いがある為です。

でも、Sくんが私に会うことも含めて、カナダに来ることを
楽しみにしてくれているなんて、うれしすぎます

ヒロもSくんのことが大好きで
オプショナルツアーのとき、Sくんの後を着いて
回っていたようなので、この冬はヒロを連れて
ホストファミリーの家に遊びに行こうと思っています

Sくん、また冬に会えることを楽しみにしているね
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

そのこさん、モテモテですね~
エージェントさんに会いたくて楽しいなんて、すばらしいことですよ!!うちのYくんはそのこさんとほとんど話さなかったと言ってましたが、その分クリスパパと英語で会話できたので、きちんと考えてそのこさんは接してくれたのだと、感謝しています。

お返事

Yu・Taiママさん
いえいえ、低年齢留学の子達のところには、あまり行って、うざがられていないか、心配しています(笑) なので、こんな可愛らしいことを言ってくれるなんて、うれしくなってしまいます☆ 
Yくんとも、結構話しましたよ~(笑) でも、私がいろいろ質問をしてばかりだったので、やっぱりうるさかったかも(笑) 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック