家族留学 Tさんファミリーからの感想文

あっという間に10月になり、今週末、カナダはアメリカより一足早く、サンクスギビングで3連休です

約1年間の家族留学を終えて、7月に帰国されたTさんファミリーから、とても素敵な感想文を送っていただいたので、ご紹介させていただきます

               
英会話教室にも通わせていなかった娘を突然海外留学の経験をさせようと決めたのが出発の4ヶ月前。

そこからハイスピードで全てのアレンジを進め、実現できたのはコーディネートをして下さるそのこさんがいらしたからだと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

学校だけでなく、1年生活するとなると細かい様々な準備が必要でしたが全ていつでもお手伝い頂いたり、相談に乗ってもらえたりする環境があったことで私たちの1年の滞在は成り立ちました!

私たちだけでは全く実現不可能であったとしみじみと思います。本当にありがとうございました。

娘は小学3年の一学期を終えてカナダに渡りましたが、いろいろな意味で大変いいタイミングだったと思います。

既に日本で学校生活というものに慣れていたこと、日本の学校の勉強を一年間休んでもなんとかキャッチアップできるギリギリの低年齢、英語の音にまだ純粋であること、そしてしっかりと記憶に残る年齢であること等。

学校も少人数の私立を選んで下さったことで先生やお友だちと深くかかわることができました。

学校のほとんどの親や子どもを覚えてしまえるくらい家庭的で温かい雰囲気でした。

またカナダというお国柄のせいか、学校にもいろいろな国籍の子どもたちがいたことも良かったです。

さらに日本人、日本に近い東アジアの子どももクラスに居なかったことも貴重な体験だったと思います。

その分最初は大変だったようで『初めのうちは妖精の言葉を聞いているようだった』

『分からないこと、聞きたいことは沢山あるのに何て聞いていいやら全く分からなかった』と後になって笑って教えてくれました。

『英語の音が好きで聞いているのが楽しかった』とも言っておりました。

クラスで一人の時間も多く、寂しい思いをしているんじゃないかと心配ばかりしていましたが、子どもはいろいろな楽しみ方を知っているのですね。

また娘はじっくりと考えるタイプなので1年かけてカナダに滞在できたことは本当に良かったです。

カナダでの生活は大好きな本等に出てくるような風景で、何もかもが新鮮で家族で素晴らしい異文化を体験ができました。

カナダは他人を思いやる文化があるといつかそのこさんが話して下さいました。

娘の通っていた小学校の校長先生はカナダはpassive(受け身)の文化だとお話されていました。

みんながよそから来た私たちを快く受け入れてくれて、本当に暮らしやすく心地よい滞在となりました。

また私たちにとって家族以外の人を身近に感じながら生活するというのはとても大きな経験で、そして素晴らしい経験となりました。

滞在した場所はご近所とのコミュニケーションが大人も子どもも日本よりも密であると感じました。

近すぎず遠すぎず心地よい関係があるのは素晴らしいなぁと感心し、大きく影響もされました。

娘は大人たちの子どもへのかかわり方の違いまで感じていたようです。

他の人たちに支えられて生きているんだと実感し、家族で感謝することもできました。なかなかない体験です。

もちろんカナダでは十分なコミュニケーションが取れず、苦労も沢山ありましたが笑顔で前向きに乗り越えることができました。

カナダで大きな試練を乗り越えた経験は今後いろんなことにチャレンジする自信にもつながったと思います。

実際娘は日本に帰ってからもお友だちに対して積極的になり、また寂しく思う他人の気持ちもわかるようになりました。

英語だけでなく大きな成長の見られるまさに夢の様な一年となりました。

本当にありがとうございました。
               

IMG_2329_convert_20150719091312.jpg
とっても素敵なTさんファミリー

一緒にディナーやワインを楽しんだ時間が、とても懐かしいです

20150701_convert_20150719102000.jpg
子供たちも、とっても仲良しでした

IMG_2298_convert_20150719091255.jpg
とても素敵な感想文を、ありがとうございました

また、お会いできることを楽しみにしています

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから
スポンサーサイト

テーマ : 親子留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック