オプショナルツアー ガスタウン

前回のブログアップから少し時間が経ってしまいました

冬の留学に来てくれた生徒さんは、みんな元気に帰国していますが、もう少し、留学の様子をアップしたいと思います

9歳のKちゃん、12歳のAちゃんと13歳のDくんと一緒に、バンクーバー ダウンタウンにあるガスタウンに行きました

201701091020108a9.jpg
一番の目的はお土産を買うことです

ステイ先は、バンクーバー郊外のため、なかなかお土産を買うところがありません

観光地でもある、ダウンタウンの ガスタウンには、お土産屋さんがたくさんあります

20170109102009c69.jpg
みんな、カナダの国旗がついたお土産をゲットです

レジでの支払いは、カナダのお金に慣れていないので、戸惑いも多いです

カナダは親切な人が多いので、持っているコインを見せると、店員さんが必要なコインを教えてくれます

現地のご老人が、小銭が入ったお財布を定員さんに渡して、必要なコインをとっていってとやり取りしているところを見かけます

でもそれは、小銭が入った財布のみです。 

留学生が100ドル紙幣が何枚も入ったお財布を、他の人に見えるようには、しないでくださいね

日本でも同じですよね

20170109102623e10.jpg
友達や家族、自分のお土産をゲットして、みんな嬉しそうでした

20170109102624f26.jpg
ガスタウンで有名な蒸気時計

Dくんは、蒸気が出る様子をビデオで撮ろうとしてスタンバっていたのに、直前で、他の観光客から写真を撮ってと頼まれて、少し焦っていました

今回、カナダ留学が4回目のDくん。

英語力もアップしていて、他の観光客から写真撮影を頼まれるほど、行動も落ち着いていて、現地にすっかり馴染んでいます

201701091020126f0.jpg
そして、最後はカナダで有名なドーナツチェーン ティムホートンズ

ファーストフードのオーダーは、ここで食べるのか、テイクアウトかを聞かれるところから始まり、ドリンクはどれがいい?、オプションのサイドメニューはどれにするなど、いろいろ聞かれるので、気が抜けないところです

定員さんが、私を見て、私がみんなのヘルプをしないで オーダーさせていることを察すると、とても丁寧に優しく対応してくれました

ランチタイムの忙しい時間なのに、定員さんの優しさに感謝です

回数を重ね、みんな、レジでの支払いに少しずつ慣れてきました

ポイントは、とにかく、大きい声で、相手の顔を見て、Yes/No をはっきりと言いましょう

そして、買い物でもレジでも、相手が Hi. How are you などと聞いてくれるので、ちゃんと返事をします

ものを受け取ったときは、Thank you. の一言を忘れずに

日本では定員さんと会話をしなくても買い物が済んでしまうことがありますが、カナダでは、定員さんともしっかりと会話をします

レジで、にこやかに対応ができるようになれば、カナダでのお買い物もばっちりです

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック