FC2ブログ

サンクスギビング

この週末、カナダはサンクスギビングのため、3連休です

いつも、サンクスギビングには、クリスの両親の家に行き、ターキー(七面鳥)を食べるのが恒例ですが、今年は、クリスの両親は、クリスの妹家族の家に行ったため、サンクスギビングディナーに招待されなかった私たち

今年は、ターキーは無しねと話していたのに、子供たちからの作ってコールが

そこで、カナダに来てもうすぐ9年になりますが、ターキーの丸焼き 初挑戦しました

201710100401104ea.jpg
いつものお肉屋さんで、一番小さいターキーがほしいと言って買ったのが、5.86キロ(12.8パウンド)

お値段にして、約60ドル。

これを前日、ブライン液と言って、塩と砂糖を混ぜた水に漬けて、一晩、冷蔵庫に入れておきます。

こうすると、お肉がジューシーになるそうで、私はこの、ブライン液という言葉を、ターキーレシピで初めて知ったのですが、検索すると、普段の料理でも、この液を活用して、ジューシーなから揚げなどができるそうです

とは言っても、約6キロのターキー。

ゴミ袋を2枚重ねて行ったのですが、ブライン液に浸すだけでも一苦労です

翌日、ブライン液からターキーを取り出し、チキンの丸焼き同様、オリーブオイルを塗って、ガーリックパウダーとハーブミックスを揉み込みます

お腹の中に、スタッフィングといって、パンと野菜とハーブなどを混ぜたものを詰め込んで、焼くのが伝統ですが、いろいろなレシピを検索していると、スタッフィングを入れると、ターキーのジューシーさが失われたり、火の通りが悪くなるなど、あまりいいことが書かれていませんでした

そのため、スタッフィングではなく、ジューシーさと香りづけのため、ハーブやリンゴ、セロリをお腹の中に入れて焼くことにしました

20171010040113aaf.jpg
6キロのターキーだと4時間は、オーブンに入れておくとのことだったので、12時30分ごろから、オーブンへ

途中でアルミフォイルをかけて、中までしっかり火を通します。

ちなみに、カナダのオーブンは摂氏ではなく、華氏が基本です。

20171010041103f2e.jpg
無事、完成し、仲の良いご近所さんと一緒にサンクスギビングディナー

私は日本酒は飲めないのですが、日本から、買ってきていた日本酒と、デザートは、豆腐入りの団子で、カナダの伝統行事、サンクスギビングに和の要素を取り入れて、満喫しました

今まで勇気が出なく、トライしたことのなかったターキーの丸焼き。

何が大変って、重いことだけが大変で、あとはチキンの丸焼きと、そう変わらなかったので、今後は、どんどん焼いていこうと思います

この冬、我が家でホームステイの方、クリスマスディナーを、楽しみにしていてくださいね

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック