FC2ブログ

14歳のAちゃん 夏の留学の感想文

この夏も、カナダに留学に来てくれたAちゃんが、感想文を送ってくれました

Aちゃんの夏の様子はこちらから

アップが遅くなってしまってごめんなさい

         
そのこさん、今年の夏もありがとうございました!!

今回もいつものステイ先で、たくさんの事を経験出来ました!!

キャンプに行ったり、初めての遊園地に連れて行ってもらったり、日帰りでレイクに泳ぎに行ったり、お友達のお家にお泊まりしたりしました。

なんと、皆既日食の時期と重なっていて、見る事も出来ました。

日食グラスは売り切れで手に入らなかったのですが、TVで作り方を見たので、アルミホイルを使って手作りしました。

今回1ヶ月滞在しましたが、ほとんど雨も降らず、良いお天気でした。

でも、雨が降らないせいで山火事が起き、その煙で空が見えない日が2週間ぐらい続きました。

曇っているような感じで、日焼け止めをあまり塗らなかったら、すごく日焼けしてしまいました。

キャンプは、去年と同じカルタスレイクに行きました。

今回は一週間という長い期間でしたが、本当に楽しかったです。

ファミリーの仲の良いお友達三家族で行ったので、ずっと一緒に過ごせて、たくさんの事を話せて、今まで以上に仲良くなれたように思います!

レイクにメガネを落として、2日後に見つかる、というハプニングもありましたが、今では笑える、とてもいい思い出になりました。

マザーのFBで、度付きのサングラスを夜もかけている私の写真を見て、母は「眼鏡をなくしたのでは…」と心配したようですが、「見つかったよ」とマザーからの連絡をそのこさんが日本の母に伝えてくれたので、ホッとしたようです。

毎回、滞在ごとに、新しいことを一つはチャレンジしようと思っているのですが、 今回は、YMCAのリーダーシップキャンプに行きました。

そこでは、子供達とどんな遊びができるのかを研究したり、みんなで新しい遊びを作ったり、何歳の子にどんな遊びができるのかを考えたりしました!

最後には、実際に小学校に行ってキッズと遊びました。

現地の子たちは、このキャンプを通して、小さな子供たちのケアの仕方を学び、 実際にサマーキャンプなどで、小学生などのケアのサポートのアルバイトをするようです。

そして、ベビーシッターの経験もできました。

小さないとこが家に来て、ホストブラザー、シスター、私だけでケアをしました。

3歳なのでまだあまり話せず、意思疎通がとても難しかったのですが、最後にはハイタッチをしてくれるくらい仲が良くなれました。

ホストシスターのベストフレンドEとは、今回の滞在中、7回も一緒にお泊りしました。

今までも仲が良かったのですが、今回は一緒に過ごす時間が長く、その家族ともたくさんの時間を一緒に過ごしました。

Eのマザーは日本人なのですが、Eが通う学校はフレンチイマージョンで、英語とフランス語のバイリンガルです。

そしてEは日本語を全然話せません。

ホストシスターとブラザーも、英語とフランス語のバイリンガルです!

Eのマザーは、私が英語の勉強のために来ている事を知っているので、ずっと英語で話をしてくれます。

そして、私のために、日本食を時々作ってくれるのです。

おにぎり、おそうめん、いんげんの胡麻和えなど。

ホストマザーは、いつもおいしいご飯を作ってくれるのですが、時々日本食を食べると、ホッとします。

私にとっては、ホストファミリーだけでなく、周りのお友達の家族、親戚、みんなが 大事なカナダの家族のような存在です。

いい環境に本当に感謝しています。

私は来年の9月から1年間カナダで高校に通いたいと考えています。

出来ればラングレーで、みんなと一緒に過ごしたいと思っています。

まだまだ英語の勉強をしないと、カナダの高校での授業が理解できないと思います。

来年までに、英語のスコアを上げるために頑張って、初めてのTOEFLにも挑戦してみるつもりです。

春にもみんなにに会う予定なので、そこで成長した姿を見せたいなと思います。
         
20170810024625c49.jpg
ホストファミリー&友達と

20170810024628bdd.jpg
ホストファミリーと友達家族とのキャンプ

カナダに来ると、水を得た魚のようにイキイキとして、どんどんカナディアンに近づいて行っているAちゃん

現在、長年の夢だった、長期留学を実現させるべく、頑張っています

忙しい中、いつも感想文を送ってくれて、ありがとう

とっても嬉しいです

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

9歳のKちゃんからの 感想文

前回のブログで、この冬に、一人で留学に来てくれた、 9歳のKちゃんのお母様からのメールを紹介させていただきましたが、今回は、Kちゃんからの感想文をアップさせていただきます

9歳のKちゃん 冬の留学ブログはこちらから

縮小しているため、読みにくくなってしまいましたが、これからホームステイをされる学生さんには、ぜひ読んでほしい内容です

2017061611_convert_20170616203634.jpg

20170611612_convert_20170616203736.jpg

201706162_convert_20170616203821.jpg

ホームステイは、ホテルに滞在するのではありません。

異文化で、違う言葉を話す家族と一緒に、一つ屋根の下で滞在することです。

日本での生活をそのまま持ってくることは、当然できません。

今まで当たり前にできていた日本での生活ができなかったとき、その中でどうやって過ごすのかは、当然、自分次第です。

お互いを尊重し、理解する心、感謝の心がないと、楽しく充実した時を共有することは難しいのではと思います。

Kちゃんも、滞在中、悩んだり、悲しくなることがありました。

そんな時、お母さまは、いつもKちゃんにホストファミリーに感謝すること、ファミリーのルールを守ることなど、しっかり伝えてくれていました

Kちゃんの中で、納得いかないこと、つらいこともあったと思います。

それでも、帰国してから、こんなふうにカナダ留学のことを振り返ってくれたことについて、Kちゃんの凄まじい成長を感じました

そして、この夏、なんとまた、カナダに留学に来てくれることになりました

前回のファミリー宅では、プランの都合上、滞在できませんが、また新しいファミリー宅で、前回とは違った成長を遂げてくれることを、今から楽しみにしています

Kちゃん、素敵な感想文を送ってくれてありがとう

20161223122137250.jpg
ホストキッズたちと

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

9歳のKちゃん お母さんからのメールレター

この冬に、一人で留学に来てくれ、カナダのクリスマスを体験した 9歳のKちゃんのお母様とKちゃんから、素敵なメール&日記を頂きました

9歳のKちゃん 冬の留学ブログはこちらから

夏の準備で忙しく、アップさせていただくのが遅くなってしまいましたが、ご紹介させていただきます

(ホストファミリーの名前のみ、ホストマザー、ホストファザー。。にかえさせていただきました。)

          

そのこさん

海外のホームステイが初めてで右も左もわからない不安でいっぱいの私たちにたくさんのことを、色々と教えていただき、またご親切と心配りをしていただき、本当にありがとうございました。

初めてのことばかりや、遠く離れているからこそ、色々ご迷惑をおかけしたと思いますし、心配もありましたが、いつもサポートをしてくださり、「そのこさんに娘のことをお任せしていれば大丈夫。」という気持ちにさせてくれました。

とても心強かったです。

私の想いもしっかり受け止めつつ、わからないことを教えて下さり、「そのこさんにホームステイをお願いして本当に良かった」と、心から思いましたし、今もそう思っています。

本当に感謝しています。ありがとうございました。

ホストファミリーの皆さま

皆さまお元気ですか?あれから随分と日が経ってしまいすみません。

お手紙を書こうと思いながら、こんなに日が経ってしまい、すみません。

そして、ホストマザーにたくさん、たくさんお土産をいただいてすみません。

ありがとうございます!

いま暖かくなったので、心春は頂いたTシャツを着て学校に行ってます!

どちらのTシャツもお気に入りで喜んで着てます!!

お友達や先生に可愛いね!!って言われたみたいです。

ありがとうございます。

初めての娘のホームステイをとても有意義なものになったのも、ホストマザーをはじめ、ホストファザー、ホストシスター、ホストブラザーたち、みなさんが親切にしてくださったおかげです。

たくさんのところに連れて行ってくださり、毎日料理を作ってくださり、本当にありがとうございました。

今でも思い出し、感謝の気持ちでいっぱいです。

娘の冬休みの宿題で出たホームステイの日記を一緒に添付しておきます。

娘は今でもホストファミリーの話を思い出した時に話題に出します。

そして、「ホストシスター、どうしてるかな、面白い子だったなー」と言ったり、「色々あったけど今度もまた、同じお家でホームステイがしたい!」と言います。

そして、英会話教室でも、以前よりも先生(アメリカの先生です)と会話することが多くなったり、先生の話は大体わかるようになってるようです。

まだまだ足りないとは思うのですが、 授業もわからなくて大変に感じることが、少し減ったように思います。

これはやはり、ホームステイの経験が活かされている☆!ように思います。

ありがとうございます!!

この初めての2週間のホームステイは、娘にとっても、私にとってもかけがえのない、経験です。

私たちにとってそれぞれ多くのことを学び、そしてこれからの人生の糧となるけいけんをさせていただき、皆様に感謝いたします。

そして、そのこさん、ホストマザーに出会えたことが一番の幸せです。

感謝いたします。

ありがとうございます。

娘は4月から5年生になり、高学年になると学校も遅くなり、行事も増え、やりたいことも増え、さらに多忙な毎日を過ごしていますが、またカナダに行くと思います。

そのときはまたそのこさん、お願いできますでしょうか・・・

(私としては今年の夏にもう一度行って来ればいいと思っているのですが、そのこさんそれはさすがに日がないので難しいですよね・・・まだ娘には何も言ってないのですが・・・)

また皆様にお会いできる日をとても楽しみにしております。

それまで皆さまお身体に気を付け元気でいてください。
          
20161223122140aff.jpg
ホストマザー&ホストシスターと

20170103161548a55.jpg
ホストファミリーと

20170109102623e10.jpg
オプショナルツアー

お忙しい中、とても素敵なお手紙を頂き、本当にうれしく思います

ありがとうございました

次回のブログではKちゃんの日記をご紹介させていただきます

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

14歳のAちゃん 春の留学の感想文

学校が長期休暇に入るとカナダに来てくれる14歳のAちゃん

Aちゃんの春の留学のブログはこちらから

今回も、春の留学の感想文を送ってくれました
 
             
そのこさん。

春にはお世話になりました。

今回の春休み、前半は、ホストファミリーとすごし、後半は、去年の夏に取った、ベビーシッターの資格を生かすために、そのこさんの家の近くにある、小学校でボランティアをさせてもらいました。

ホストファミリーとすごした時間は、リッチモンドに、私の大好きなfish&chipsを食べに行ったり、ホストシスターと、美女と野獣の映画を見に行ったり、カップケーキを作ったり、本当に毎日盛り沢山でした!

私は、ティーンエイジャーなので、ホストシスターたちのお世話ができる年齢です。

最近は、ホストマザーにお願いされて、3人で行動することも増えてきました!

信頼されて任せてもらえるのは、とてもうれしいです。

夜は、毎日のようにプールに行って、とても楽しかったです!

そして、なんと、7.5mのダイビングボードから、ジャンプできました。

とても高くて、怖かったので、30分以上も、階段を上がったり、下がったりしました。

ホストブラザーは、10mから飛べるのです!

そして今回も、ホストシスターの友達の家にお泊まりに行きました!

ホストシスターの友達とは、本当に仲良くなり、カナダにいない時も、SNSで連絡を取り合っています。

行くたびに、どんどん仲良くなっています。

ペットのラマにも会えてうれしかったです。

最後の日には、従兄弟の誕生日パーティーに行きました。

チリワックの山の中で、映画のように、無線機などを使って、サバイバルゲームをしました。

木の上に登ったり、コンテナの中に隠れたり、ドキドキして、スリル満点でした。

従兄弟の友達とも仲良くなれて楽しかったです!

後半のボランティアでは、キンダーガーデンのクラスと、グレード2のクラスでボランティアをさせてもらいました。

学校ではみんなが、「折り紙折って!」とか、「一緒に、リセスの時間遊ぼう!」と言ってくれたので、最初は緊張していましたが、すぐにみんなと打ち解けられて、とても楽しかったです。

最後の日には、4クラス分、120個の、ピカチュウ、ハート、飛行機などの折り紙を作って、みんなにあげると、とても喜んでくれてうれしかったです!

今回、初めてカナダでボランティアをして、とても楽しかったですが、やはり、小さな子の発音は聞き取りにくく、もっと、自分の英語を磨く必要があると思いました!

次、夏休みに行くまでに、もっと英語力をあげていきたいです!

そして、今迄の様に、遊びではないので、責任感を持って、頑張らないといけないと思っています。

カナダだけでなく、日本でも、ボランティアを頑張りたいと思っています。

そのこさん、クリス、本当にボランティアの手配など、色々お世話になりました!

また、夏もよろしくお願いします。
              

201704131405110c9.jpg
ホストファミリーと一緒に

20170413140510609.jpg
キンダガーデンのクラスでのボランティア

留学生活の中で、語学力、コミュニケーション能力だけでなく、様々な面で常にパワーアップしてきたAちゃん

今後は、ベビーシッター、低学年の子供たちのボランティア活動など、受け身の姿勢ではなく、自ら、考えて行動に移すことが要求される体験を希望しています

新たな分野で、今後の更なる飛躍を期待したいと思います

そして、部活や勉強などで忙しい中、いつも体験談を書いてくれてありがとう

とてもうれしいです

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

13歳 Aちゃん 夏の留学 感想文 後編

前回のブログで紹介させていただいた、13歳のAちゃんの夏の留学の感想文ですが、その後半を紹介させていただきたいと思います

              
そして、今回一番心に残ったのはベビーシッターのデイキャンプです。

たったの三日間の間に、赤ちゃんのことや救命救急のことなどたくさんとことを学べました。

食べても大丈夫な小麦粘土を作ったり、簡単なヘルシーなお菓子を作ったり、おむつのかえ方、子守歌など教えてもらい、
ベビーシッターの実践もありました。

そして最後のペーパーテストでは、満点のスコアで合格したので、とてもうれしかったです。

現地の子供達でも、満点は取れていなかったので、本当にうれしかったです。

今回も、デイキッズのお家にお泊りに行きしました。

春にもお泊りしたところです。

ラマ、牛、馬、などペットがたくさんいて、とても面白かったです。

このホストファミリーには、たくさんのお友達や親戚がよくやってきます。

その人たちは、留学生の私をいつも周りの人と同じように受け入れてくれ、仲良く話してくれ、とても楽しかったです。

最後の日は、荷物のパックをした後、リビングでみんなで一緒に寝ました。

夜遅くまでおしゃべりして、次の日の朝はぎりぎりまで寝てしまいました。

本当に楽しい滞在でした。

今回、そのこさんから、私の英語力についてとても成長していると褒めてもらいました。

これからは、たくさんの本を読んで、言葉や表現力を増やしていくようにと、アドバイスしてもらいました。

自分ではあまり気づかなかったけど、とても嬉しかったです。

もっと努力して、次にカナダに行くまで、この英語力を落とさないように、 そして、もっとレベルアップできるように頑張りたいです。

本当にいい経験がたくさんできました。

その子さん、お母さん、そしてホストファミリーの皆さんありがとうございました。
              

IMG_6617_convert_20160924135226.jpg
デイケアをしていることもあって、ホストファミリーの家には、たくさんの友達や親戚が常に出入りしています

IMG_6619_convert_20160924135255.jpg
ホストファミリーと、最終日のディナー

fc2blog_2016092415385893c.jpg
そして、その後のスイミング

Aちゃんが参加した、ベビーシッターのデイキャンプは、12-15歳くらいの子が対象で、ベビーシッターの資格をとって、知り合いや近所の子供の面倒を見て、お小遣い稼ぎしたい子が取るコースです

救命講習の研修も含まれ、デイキャンプでの内容をしっかり理解していないと、パスすることは難しい内容だったと思います。

そのテストを満点で合格したなんて、本当に素晴らしいことです

カナダに来ることをモチベーションに、日本でも英語の勉強を持続しているAちゃん

勉強や部活などで、忙しい中、いつも感想文を書いてくれて、ありがとう

今後もパワーアップしていくAちゃんに会えることを、楽しみにしています

親子留学、低年齢留学を中心とした留学エージェント メイプルロードのホームページはこちらから

メイプルロードのフェイスブックページはこちらから

いいね! クリックしていただけたらうれしいです

テーマ : 海外留学 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

 そのこ

Author: そのこ
日本人の少ない、カナダのバンクーバー郊外で、親子留学、低年齢留学を中心に留学エージェントをしています。日本でキッズティーチャーをしていた経験を活かし、また2人の子供の母親目線で、一人一人にあった留学プランをご提案しています

こちらのブログでは、私たち家族(夫=クリス、長男=ヒロ、次男=カイ)のこと、住んでいるエリア、留学生・保護者の方たちの様子や、体験談等をご紹介しています

ご質問・お問合せは、下記までご連絡ください
sonoko_blevs@yahoo.co.jp

ホームページはこちらから
www.maple-road.com

下記のカテゴリから、ご興味のある内容を探していただくことができます

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック